closet

月にいくら貯金してる?「貯まるオンナ」が実践する2つの習慣とは

あなたは、毎月どれくらい貯蓄できていますか?

働いているうちは、収入の20~30%を貯蓄するといいといわれていますが、飲み会やら女子会やら、なにかと出費がかさむことも多いですよね。

しかし、そのままではいつまで経っても貯金ができないままかも!

そこで今回は、株式会社マーシュが実施した「収入と支出に関する調査」を参考に、賢いオンナが大切にしている“お金が貯まる習慣2つ”をご紹介いたします。

 

 

■1ヶ月に使えるお金は2~3万円以内

株式会社マーシュが実施した「収入と支出に関する調査」によると、個人年収の平均は「300~400万円未満」という結果に。また、現在の貯蓄額については「100万円未満」が多く、特に20代~30代の未婚女性は「100万円未満」が3割を占めるという事実が判明しました。

1ヶ月に自由に使えるお金は「2~3万円」が最も多く、使い道としては、「外食費(飲み代含む )」、 次いで「お菓子・飲料 」、 「交際費」と、飲み会・女子会や仕事の合間に食べるお菓子や飲料にお金を費やしている人がほとんど。

「貯蓄」は既婚よりも未婚の方が高い傾向にあるようですが、やはり、誘われるままに外出してお金をつかっていては、貯蓄できませんよね……。

では、支出を抑え、コツコツとお金を貯めていくためには、どういった心構えが必要なんでしょう?

 

■お金が貯まる習慣2つ

(1)「断ることも大切」と考える

誘われる度にイベントに参加していて、本当に楽しいですか?

たしかに人脈を広げることは必要ですが、自分が困ったときに知り合い全員が動いてくれるとは限りません。いざというときに備えて貯蓄をするには、お誘いを断る勇気も必要なんです。

全て断る必要はありませんが、3回に1回くらいは断って、その分、自宅でゆっくりと夜ご飯を楽しむようにしましょう。

 

(2)増やすことではなく抑えることに目を向ける

お金について悩み始めると、増やすことばかり意識してしまいます。しかし、貯蓄ができない本当の理由は、不要な支出が多いことかもしれませんよ!?

その場合、収入を増やすよりも出費を抑える努力をする必要があるのです。

洋服を必要以上に買い込んだり、この間変えたばかりなのにiPhoneケースを新しく買い替えたりしていませんか?そういった無駄遣いを減らしていくだけでも、貯金に回せるお金がでてくるはずですよ。

 

いかがでしたか? 賢いオンナは、物を増やしたがりません。むしろ、いかにシンプルな暮らしをするか考えているんです。

コツコツと貯蓄をしていくためには、まずは無駄遣いを一通り削り、その分、貯金に回すことから始めないといけませんね。元気に働けているうちが“貯めドキ”だということを忘れずに!

 

【参考】

※ 収入と支出に関する調査 – 株式会社マーシュ

 

【関連記事】

誤解なのに…「お金がかかりそうなオンナ」って思われちゃうNG行動3つ

○○をお財布に入れるのはNG!「お金が全然貯まらない人」の特徴5つ

1本で8役!山田優も愛用してる「夕方キレイ」なお手軽時短コスメとは

Instagramから学ぶ!この夏ゼッタイ押さえておきたい「トレンドアイテム」3選

月収19万でも毎月5万!? 「少ない給料でも貯金する」3つのコツ