closet

【スマホの小ワザ】iPhoneで人には見られたくない写真を「非表示にする」簡単な方法

友達にスマホを見せて「ねえねえ、この写真見て!」なんて話しかけること、ありますよね。

でも、カメラロールの中に、見られちゃ困る写真が混ざってることも……うっかり見られたくない写真を見られてしまって、気まずい思いをした、なんて経験がある人もいるのでは?

実は、iPhoneでは写真を非表示にできる機能があるんです! 今回は、その使い方を説明します。

 

 

■“写真の非表示”ってどうやって使うの?

iOS8から追加された新機能である“写真の非表示”。見られたくない写真を、写真一覧で表示されないように設定できるので、とっても便利。

もちろん非表示にするだけで削除してしまうわけではないので、「消したくないけど、人には見られたくない……」って写真をコッソリとっておくのに便利なんです。

使い方は簡単。カメラロールで写真を開いたら、非表示にしたい写真を長押しします。すると、「非表示」の文字が。ココをタップしましょう。

すると「非表示にする」という画面が表示されるので、ここを選択しましょう。

これで、その写真はモーメント/コレクション/年別の部分には表示されなくなります。

非表示にした写真は、アルバムに「非表示」というものが追加され、ここでチェックすることができます。

再表示したい場合には、「非表示」アルバムの中にある写真を長押ししましょう。すると、元通り表示されるようになります。

 

うっかり見られたくない写真を見られてしまって、気まずい思いをするなんてイヤですよね!

ぜひ、“写真の非表示”機能を活用してみてください!

 

(iOS8.3で実際に試してみました!)

 

【関連記事】

iPhoneでスクリーンキャプチャを「サクッと片手でとる」方法

スグできる!iPhoneの「バッテリー消費量」を減らすカンタン設定4つ

iPhoneで写真を上手に撮りたいなら「グリッド表示」をオンにしよう!

「iPhoneのホームボタン壊れた…」って時にスグできる対処法

覗き見されても大丈夫!? 「LINEの通知」でメッセージ内容を非表示にする方法