closet

付き合ってても「ぼっち」がいい!? 今どきカップルの衝撃の実態が判明

みなさん“ぼっち”に対して、どんなイメージを持っていますか?

「なんかさみしそう」「つまんない毎日を送ってそう」なんて声も聞こえてきそうですが……最近は、“ぼっち=さみしい”というワケではないようなんです!

今回は、株式会社Timersが行った「ぼっち充に関するカップルの意識調査」で発覚した衝撃の事実をご紹介します。

 

■恋人がいても“1人でいたい”派が増えている!

あなたは、恋人ができると“いつも一緒に居たい”派ですか? それとも“たまに会えればいい”派?

先ほどの調査によると、恋人がいても「ぼっち」をもっと充実させたいと考えている人が増えているようなんです。

恋人がいる人473名に「恋人がいても休日は1人で過ごしたいか?」と質問したところ、半数近くが「実際に1人で過ごしている」と回答。

彼ら・彼女らは決して“しかたなく”という、ネガティブな気持ちで1人の時間を過ごしているわけではないよう。実際に40%近くが「充実した1人の時間が過ごせている」と答えています。

 

■同棲していても“別々”がいい!?

1人で過ごしたい、という気持ちは、同棲の場合にも続いているようで……。

「一緒に住む際に、部屋をそれぞれ別に持ちたいと思いますか?」という質問に対し、「そう思う」と答えた人は約4人に1人。

さらにさらに、「ベッドも別々がいい」という人も約8%いるのです! これはもう、同棲というより“ルームシェア”なのでは……? 最近はドライなカップルが増えているということなのでしょうか。

 

■同じ家にいてもLINEやチャットで会話

さらに12%のカップルは「おなじ家の中にいても、チャットやメールで連絡をとることがある」と答えています。

相手の“1人の空間”や“1人の時間”を尊重しつつも、ちょっとしたコミュニケーションをとるためにLINEを活用している場合が多いようです。

 

いかがでしたか? “ぼっち”にさみしいイメージを持っている人も多いかもしれませんが、それはちょっと違うようです。

自分の時間を大切にしたいなら、“ぼっち”って悪くないのかも!?

 

【参考】

ぼっち充に関するカップルの意識調査 − 株式会社Timers

 

【関連記事】

別れた後もズルズル…「だらしない恋愛」をスッキリ終わらせる方法とは?

鈍感なオトコでもOK!彼に「結婚を匂わせる」3つのSNSテクニック

一人で抱え込んでない?恋の成就率を上げる「たった1つのポイント」とは

調査で判明!いまどきカップルが「結婚式を挙げる理由」は●●のためだった

おもろかったらエエねん!「恋人選びの基準」関西と関東でまったく違うと判明