closet

老け女になってない?「おばさん認定」を避けるために改善すべきポイント3つ

年齢よりも老けて見られて、ショックを受けたことはありませんか?

実年齢はもっと若いのに、仕事疲れが溜まっているせいか。慌てて肌ケア、メイクをし直した……なんて女子は少なくないはず。

でも、老けて見られるのは顔年齢ではなく、普段の行動や生活習慣にも原因があるかもしれません。

今回はそんな周囲からのおばさん認定を防ぐためのポイントについて迫ってみました。

 

 

■老けて見れられる時はどんなとき?

『gooランキング』が発表している「“もしかして、私、おばさんに見られている?”と感じたことランキング」を見てみても、些細な瞬間に“おばさん認定”されて、ショックを受けている女子はたくさんいるようです。

例えば、美容室に行った時、でてくる雑誌がママさん向けだったり、お母さんに似てきたねと言われたり。

挙げ句の果てには、「しっかりしているから、子供二人くらいいそうなのにー」なんて言われる、不憫な女子も……。

 

■おばさん認定を避けるためのポイント3つ

そこで今回は、そんなおばさん認定されるのを少しでも避けるために、見直したい行動や生活習慣についてまとめてみました。

 

(1)姿勢をきちんと正す

デスクワークのし過ぎで、ストレートネックになってしまっている女子、多いんです。あなたも椅子に長時間座っていると、つい猫背、巻き肩になってしまいませんか?

自分ではなかなか気づきづらいですが、姿勢が悪いと周りから老けた印象を持たれやすいです。空き時間にはストレッチや伸びをして、姿勢を正す工夫を取り入れたいですね。

 

(2)理想のプロポーションに近づける

年齢を重ねると筋肉が衰えて、太りやすい体型になってしまいます。気を付けているつもりでも、知らず知らず顎回り、腕周りに脂肪がついてしまって、おばさん体型に見られている恐れも……。

もし「運動不足だな~」と感じているなら、積極的に運動する習慣をつけて、痩せやすい体を目指してみて。運動は気分もリフレッシュしやすく、体力がつけば仕事疲れも回復しやすいですよ。

 

(3)野暮ったいイメージを抜け出す

髪の毛がボサボサだったり、いつも決まった服を着回ししていると……野暮ったい印象を感じさせてしまい、若々しさが薄れてしまいがち。女子力維持のためにも、清潔感のある格好を心がけましょう。

「特に見せる人もいないし……」という気の緩みは、老け女の第一歩です。彼氏がいなくてもこうした気遣いができると、出会いにも前向きになれます。恋愛に諦めモードの女子はくれぐれも注意してみて。

 

以上、おばさん認定を避けるためのポイントを挙げてみましたが、いかがでしたか。

ひとつでも当てはまるポイントがあれば、あなたは老けて見られている可能性がかなり高め。

年齢に負けず魅力的な女子でいるためにも、心当たりのある女子は日頃の行動、生活習慣を見直してみてくださいね。

 

【参考】

「もしかして、私、おばさんに見られている?」と感じたことランキング – gooランキング

 

【関連記事】

地雷踏んでるかも!? 男性が内心「ありえねぇ」って思ってる女性のNG行動3つ

うっかりやりがち…「残念女子」まっしぐらな食事中のNGマナー3つ

別れた後もズルズル…「だらしない恋愛」をスッキリ終わらせる方法とは?

夏までに徹底ダイエット!黒酢の312倍のパワーを誇る「●●効果」とは?

コレやってたらかなり危険!? 「SNSストーカー女」判定ポイント3つ