closet

草食男子はコレで攻略!? 彼に「結婚したい!」って思わせる3つの方法

最近は“逆プロポーズ”なんて言葉もあり、女性から結婚の申し出をすることも増えているよう。

草食男子が増えて、なかなか結婚に踏み切らない男性も増えているとか……。

「でも、やっぱり彼にプロポーズされたい!」

どうすれば、彼が結婚に前向きになってくれるのでしょうか?

今回は、GMOリサーチの調査情報を参考にしつつ、彼に“スマートに結婚を意識させる”3つの方法についてお伝えします。

 

 

■1:“一緒に暮らしているイメージ”を抱かせる

GMOリサーチが行った「結婚に関する実態調査」で、婚姻歴のある1,000名に“結婚を決めたきっかけ”を尋ねたところ「配偶者とずっと一緒に暮らしたい」がトップに。

たとえば、お泊まりの日の朝などに、朝ごはんを作ってみては?

1回ではダメですが、泊まるたびにそうしていれば、「この子と結婚すれば、毎朝美味しい朝ごはんが食べれるのかな」とイメージしてくれるはずです。

 

■2:“この子がいないとダメだ”と思わせる

男性って強がっているように見えても、実はとっても繊細。だからこそ、自分を支えてくれる存在を求めているんです。

彼がトラブルに見舞われたとき、仕事がうまくいかないとき……さりげなく、「私はあなたの味方です」ということを伝えるようにしてみましょう。

彼が「俺にはこの子しかいない!」と思ってくれれば、きっと結婚への道が開けていくはず!

 

■3:年齢を意識させる

調査によると、最近では「結婚適齢期を過ぎてしまうと思った」という理由も、結婚するきっかけになるようなんです。

女性は「30歳までに結婚したい」なんて具体的な数字を考えているイメージがありますが、意外とこの方法って男性にも有効なよう。

さりげないタイミングで、彼に年齢を意識させてみると、「そろそろ結婚しようかな」と思い始めるかも!?

 

プロポーズって、一生に一度しかない出来事(……のはず)!

「なかなか彼が結婚を決意してくれないなあ……」と悩んでいるなら、3つのポイントを今すぐ実践してみましょう。

この夏の間に、彼が前向きになってくれるかもしれませんよ!

 

【参考】

結婚に関する実態調査 – GMOリサーチ

 

【関連記事】

別れた後もズルズル…「だらしない恋愛」をスッキリ終わらせる方法とは?

鈍感なオトコでもOK!彼に「結婚を匂わせる」3つのSNSテクニック

一人で抱え込んでない?恋の成就率を上げる「たった1つのポイント」とは

調査で判明!いまどきカップルが「結婚式を挙げる理由」は●●のためだった

おもろかったらエエねん!「恋人選びの基準」関西と関東でまったく違うと判明