closet

眠れない女子向けアプリ!ステキな執事が羅生門を朗読して寝かしつけてくれ・・・

「眠れないのですか? ・・・やれやれ、困ったお嬢様ですね。ではわたくしめがひとつ、ご本を読ませていただきましょう」

・・・なんて、眠れない夜にささやかれてみたい。

そのまま寝かしつけてもらいたい。

そんな願望を持っているのは私だけじゃないと信じたいぬこです。

「何甘えたこと言ってるの」なんてお友達に言われてしまったのですが、最近この願望は皆共通なのだと確信を持ち始めてしまいました。

なぜならっ!

朗読執事アプリ、ありました!!

これはやっぱり、皆が願っていたからこそだと強く信じますっ。

ご紹介させていただくと、まずは、

こちらでBGMや環境音、執事さんの声のボリュームを調節します。

そして、何と呼ばれたいかを設定することもできるのです。

(もちろんここは、「お嬢様」一択でいきました)

・・・しかし、ふと見ると「ぼっちゃま、ご主人様」の項目もあるではないですか。

やはりこれは、「執事さんに寝かしつけられたい男子」も急増中の証?

なんてドキドキしているといつまでたっても進まないので、いざ朗読へ!

執事さんに読んでもらう本は、無料サンプルで「羅生門」が入っていますが、それ以外を希望する場合は、別途購入になります。

とりあえず、お試しがてら、羅生門を選択。

そして、いざ、朗読開始!

・・・いいですねー。

本を持って、執事さんがお部屋に来てくれました。

まさに「眠れないのですか、お嬢様」といった雰囲気で、さらに眠気も吹き飛びます。

本末転倒になる前に、軽く目を閉じて、執事さんの声に耳を傾けて──

・・・眠れませんでした。

ドキドキしたのも真実ですが、羅生門はちょっとばかり寝物語には不向きかもしれません。

複雑な怖い夢を見そうなので、明るいときにお願いしようと思います。

やっぱり、本の選択って大事ですね。

さあ、眠れない夜を執事さんに寝かしつけられたい皆様、共に寝かしつけられましょう!

『朗読執事~マーク・ブック~』 for iOSをダウンロードする(無料)