closet

毎月のお小遣いは●万円!サラリーマンの「お財布事情」が判明

「デートで食事に行ったら、オトコがごちそうしてくれるものよね」なんて思っている女子もいるのでは? 実際、スマートにお会計してくれる男性って多いですよね。

でも、もし彼がサラリーマンだったとしたら、彼はあなたとのデートのために、涙ぐましい節約をしているのかもしれませんよ!?

新生銀行が実施した「2015年サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンのが自由に使えるお金には、悲しすぎる現実があるようなんです。

 

 

■1週間に1万円しか使えない!?

2,300人を対象に実施された今回の調さによると、男性会社員のお小遣い額は37,642円。これは前年と比べると1,930円も減少しているそう。なんと、1週間に1万円程度しか自由に使えない男性が多いようなんです。

90年代には7万円台を記録したことも考えると、最近のサラリーマンの懐事情はなかなか厳しそうですよね。

1日の平均昼食代については、昨年の541円から上昇し601円となったものの、これは消費税や物価の上昇によって、外食などが値上げされた影響が大きいようです。

 

■飲み会も月に2~3回!?

今回の調査では、1回の飲み代の平均額に関しては4,954円で、平均飲み回数は2.4回でした。

となると、あなたとのデートで2万円使ってくれる彼は……かなり無理してくれているのかも!? 残りの期間はコツコツ倹約に励んでくれているのかもしれませんね。

ちなみに、2014年4月1日に8%に引き上げられた消費税率については、負担に感じている男性層が78.2%も! 消費税3%導入時の1989年や、8%への増税直後である昨年よりも高く、負担感は過去最大となりました。

「なかなかお財布がキツいなあ」と感じている男性は多そうですね。

 

いかがですか?

おごってくれないオトコに出くわすと、「ケチなオトコ!」なんて思うかもしれませんが、この調査結果を見ると、厳しい男性のお財布事情がわかりますね。

デートで毎回ごちそうしてくれる彼は、あなたのために涙ぐましい努力をしているのかも!? お金=愛ではありませんが、彼の気持ちの指標の1つにはなりそうですね。

 

【参考】

※ 2015年サラリーマンのお小遣い調査 – 新生銀行

 

【関連記事】

みるみるうちに貯まってく!挫折しない「貯金の秘訣」3つ

月収19万でも毎月5万!? 「少ない給料でも貯金する」3つのコツ

海も街も楽しめちゃう!「理想のバスト」を手に入れる秘密の裏ワザ

3ヶ月でマイナス12kg!? 我慢不要の「駆け込みダイエット法」が判明

誤解なのに…「お金がかかりそうなオンナ」って思われちゃうNG行動3つ