closet

週末たっぷり寝ちゃダメ!? 「どんどん疲れがたまっちゃう」NG習慣3つ

今週末は3連休という人も多いのでは? 前々から立てた計画を楽しみにしている人もいるかもしれませんね。

それなのに、なぜだか全然疲れが取れない、たくさん寝たりたくさん食べたりしても、全然元気が出ない……。そんな風に感じているなら、それは普段の習慣に原因が潜んでいるかも!?

そこで今回は、海外の情報サイト『healthdirect Australia』の情報を参考にしつつ、“どんどん疲れがたまっちゃう”NG習慣を3つ、ご紹介します。

 

 

■1:カフェインの取り過ぎ

コーヒーを仕事のリフレッシュにしている人って多いのでは? でも、これって実は要注意行動。

コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶などカフェインを多く含む飲み物には気を付けるべきなんです。

カフェインの摂りすぎで中毒のような状態になってしまうと、体が疲れやすくなってしまうんだとか。仕事のリフレッシュには、炭酸水などのカフェインが含まれずさっぱりした飲み物を飲んだほうがいいかもしれませんね。

 

■2:休日に“寝だめ”している

みなさん、いつも何時に眠って何時に起きていますか? これらの時間がバラバラだと、疲れがたまりやすくなってしまうそうです。

特に週末って、寝る時間も起きる時間も乱れがち。休みの前日だからといってダラダラと夜更かししたり、「平日の分も寝たいし……」と昼過ぎまで寝たりするのはNG!

休みの日でも、いつもと同じ時間に起きるよう心掛けましょう。

 

■3:満腹になるまで食べてしまう

腹八分目が健康の秘訣、なんて言葉もありますが、みなさんは食事を1回でどれくらい食べますか? なんと、お腹い~っぱいまで食事を摂ると、疲れやすい体になってしまう可能性が!

忙しくてお昼ご飯が食べられなかったからといって、夜の食事をボリューミーに……なんて行為も要注意です。食事と食事の間が長く空いてしまうのも、良くないんですって。

 

何気ない習慣が疲れやすい体を作ってしまうとは……気を付けないといけませんね。

今週末、「3連休だし、いつもより多めに寝ようかな~」なんて考えていた人は、ちょっと考えを改めたほうが疲れにくい体になれるのかもしれませんね。

 

【参考】

Self-help tips to fight fatigue – healthdirect Australia

 

【関連記事】

夏までに徹底ダイエット!黒酢の312倍のパワーを誇る「●●効果」とは?

明日からでいいや…「ダイエットを後まわしにする自分」に喝を入れる方法3つ

炭水化物は太らない!? 常識をくつがえす「おにぎりダイエット」実践法

ギリギリ間に合う!水着の夏を楽しくする「簡単バストケア」って?

夏のダイエットにはこれ!「梅酒」が脂肪燃焼アップに役立つワケ