closet

【スマホの小ワザ】ココだけ押さえて!スマホでも「花火の写真をきれいに撮る」ための心得3つ

花火大会シーズンですね。 きれいな花火の写真がタイムラインに並ぶ季節です。

本格的に撮ればきれいに撮れるのはわかっているけど、友達とわいわいビールを片手に花火を楽しみつつ、きれいな写真を撮りたいですよね。

ちょっとでもきれいに花火の写真を撮りたいなら、押さえておくべきポイントがいくつかあるんです。

三脚がなくても、一眼レフを持っていなくてもできちゃう気軽なテクなので、花火大会前の心得としてみては?

 

【特集:スマホの小ワザの記事をもっと読む】 

 

■1:カメラの位置を固定する

花火を撮ったつもりが、あとで見てみたらブレブレで全然きれいに撮れなかった……という経験、みなさんもありませんか?

暗い場所での写真撮影は、シャッタースピードが遅くなるので、ちょっと動いだだけでも写真がブレてしまうもの。そんなときには、自分の膝やテーブルなどを使って、カメラの位置を固定してあげましょう。

そうするだけで、ブレの少ない写真を撮ることができます。

 

■2:AE/AFロックを使う

iPhoneのカメラアプリでスクリーンを長押しすると、AE/AFロックをかけることができます。これは、露出とフォーカスの調節機能。これを使えば、暗すぎて花火がよくわからなかった……という事態を回避できます。

花火を撮る前にロックをかけて、露出やフォーカスを調節しておきましょう。

 

■3:ズームは使わない

花火をできるだけ大きく撮ろうとして、ズーム機能を使う人も多いでしょう。でも、これって実は画質が落ちてしまうのであまりオススメしません。

撮影した後、花火の部分だけ切り取ったほうが、花火をきれいに見せることができますよ。

 

まだまだ夏は始まったばかり。

「この前、花火大会でうまく写真撮れなかったんだよな~」って人も、この3つのポイントを押さえて、次こそきれいに花火をスマホにおさめちゃいましょう!

 

【特集:スマホの小ワザの記事をもっと読む】 

 

【関連記事】

シャッターチャンスは逃さない!iPhoneのカメラを「一瞬で立ち上げる」裏ワザ

上級者は使ってる!iPhoneカメラの「露出調整機能」って知ってる?

iPhoneのカメラロールでココまでできる!便利な「画像加工機能」4選

あの写真どこだっけ…を回避できる「iPhoneのカメラロール」便利設定

iPhoneで写真を撮るとき気をつけたい「位置情報」の設定って?