closet

夏って痩せるんじゃないの!? うっかり「体重が増えちゃう」NG習慣3つ

夏休みには旅行して、お祭りに出かけて、海にも行きたいし、バーベキューもしたい!

そんなふうに毎日予定を入れて楽しんでいて、体重計に乗るのを忘れていたら……気付いたら、体重が増えてる!? 暑くて汗もかくし、痩せると思ってなのに何で……なんて頭を抱える事態は避けたいですよね。

そこで今回は、海外の健康・美容情報メディア『Health』の記事を参考に、夏にやりがちな“体重を増やしちゃう”NG行為についてお伝えします。うっかりやりがちな行為ばかりかも!? 気を付けて!

 

 

■1:甘~い飲み物で水分補給

暑い日って、汗をかくことも多く、喉が渇きますよね。そんなとき、甘~い飲み物で水分補給していませんか?

シュワシュワな炭酸飲料でスカッと水分補給したくなりますが、これはNG! 炭酸飲料って、たった缶1本でも信じられないくらい大量の砂糖が含まれているんです。

普段の水分補給には、お水やお茶などカロリーのないものをセレクトして。

 

■2:外で飲むと楽しい、と飲み会続き

夏って外で飲むお酒が美味しいですよね。ビアガーデンやバーベキューなど、外でのイベントのたびに、ビールや甘いカクテルをたくさん飲んでいませんか? こういったもののカロリーも、積み重なればあなたのお腹に脂肪となって蓄積されてしまうかも……。

飲みすぎは体にもよくありません。節度をもつよう、心がけてくださいね。

 

■3:睡眠不足

真夏は夜になっても暑いことも多いですよね。寝苦しさから寝付きにくくなり、睡眠不足になっていませんか? または、「せっかくの夏だし!」と睡眠時間を削って遊びに精を出している人もいるかもしれません。

でも、睡眠不足は肥満につながりやすい危険な習慣。どうしても寝苦しいときは、エアコンや扇風機などで対策したほうがいいですよ!

また、夏だからと夜遅くまで遊び倒すのは、ほどほどにしておきましょう。

 

夏って暑いし、普通にしてても痩せるでしょ、と気を抜いていると、気付かぬうちにブクブク太っちゃうかも!?

アウトドアやイベントが増えると、ジャンクフードやお酒の量も多くなりがちですが、何事もほどほどに、を意識しましょう!

 

【参考】

12 Ways to Beat Summer Weight Gain – Health

 

【関連記事】

ムレてベタベタ…は嫌!夏でも「さらさらな胸元」を保つ秘訣って?

それ…褒めてないよね?「似てるね」って言われても喜んじゃダメな芸能人って?

長澤まさみのスリムボディよりも…この夏「女性が憧れる美ボディ」1位はアノ人!

いつのまにか「ぶくぶく太っちゃう人」が気付いていない3つの悪習慣

ダイエットは逆効果!? 「ポッコリお腹」になっちゃうのは●●が原因かも…