closet

ちょっとした工夫で長続き!ランニングの「モチベーションを維持する」2つ

夏場はクーラーの効いた場所に籠りがち。しかし、それでは健康的な体を維持できません!

秋冬が来る前に太っちゃった……なんて笑い話にもなりませんよね!

取り組みやすいスポーツといえばランニングやジョギングですが、長期間、継続して楽しむためにはちょっとしたコツが必要になります。

そこで今回は、株式会社インテージが実施した「ジョギング・ランニングの実態調査」を参考に、ジョギングやランニングを楽しむコツについてご紹介いたします。

 

 

■健康管理のために走る人は5割以上!

株式会社インテージが実施した「ジョギング・ランニングの実態調査」によると、ジョギング・ランニングの目的として「健康管理・体力維持」を挙げる人は全体の5割以上。

男女ともに50代以上が多く、育児や仕事などが落ち着いた世代を中心にジョギングやランニングに取り組んでいることが判明しました。

20代女性にフォーカスしてみると、「健康管理」よりも「美容・ダイエット」を走る目的として挙げる人が多く、この年代が“最もスタイルを意識する年代”ということも明らかに。

ダイエット目的で走り始めても、モチベーションを維持するのって案外大変。長く楽しむためにも、自分なりに工夫することが重要になってきます。

 

■ジョギング・ランニングを長く楽しむコツ

(1)日頃の努力を“可視化”する

ただ単に走っているだけでは日頃どれだけ走っているのかが分かりません。ノートや手帳に、その日走ったコース、走っているときに何を考えていたか、体調面などを記録しておくと、後から振り返ったときに、それまでの努力が一目見て分かるようになります。

走っていたときに聞いていた音楽も記録しておくと楽しいかもしれませんね。

 

(2)目的を周囲に宣言する

一人で目標を掲げていても、挫折したとき特に何も感じませんよね。

しかし、周囲に堂々と「痩せる!」「マラソン大会に出る」など宣言しておけば、自分にプレッシャーをかけることができます。もしかしたら友人の方から「最近走っているの?」と声をかけてくれるかも!?

一人だけで続けようとするのではなく、周りの人にもサポートしてもらいましょう。

 

いかがでしたか? 夏場にジョギングやランニングをするときは、必ず水分補給をお忘れなく。少しでも体調に異変があらわれたらすぐに涼しい場所へ避難し、体を冷やしてくださいね。

暑い夏を元気よく過ごすためにも、たくさん走って体力づくりをしておきましょう!

 

(ライター:山口 恵理香)

 

【参考】

※ ジョギング・ランニングの実態調査 – 株式会社インテージ

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

運動嫌いでもデキる!オンナの憧れ「しなやか美ボディ」を手に入れる3つのコツ

実は長風呂もダメ!? 「美肌がどんどん遠ざかっちゃう」NG習慣3つ

朝起きると体が痛い…「腰痛すいみん族」をスッキリ解消する2つの方法

息抜きちゃんと出来てる?「心が疲れてる」って感じたら実践したい3つのこと