closet

女から言うのは…イヤ!決めきれない彼に「プロポーズを決意させる」3つの方法

「結婚しよう」

女性にとって、プロポーズは永遠に心に刻まれる大切な瞬間。できれば男性からストレートに愛の言葉をささやいてもらいたいものですよね。

株式会社ジェーシービーが全国の20~69歳の子どもがいる既婚男女を対象に行った「“かけがえのない毎日”に関する調査」でも、「遠回しでハッキリわからない微妙なプロポーズ」や「女性(自分)から伝える逆プロポーズ」は避けたい……と、プロポーズに対する女性の本音が明らかになっています。

では、理想のプロポーズをしてもらうために、何かできることはないのでしょうか?

 

 

■2人に1人の女性が憧れるプロポーズとは?

女性500名に“憧れるプロポーズ”を聞いたところ、2人に1人(51.8%)が「シンプルに気持ちを伝えるハッキリしたプロポーズ」だと回答!

続いて、「心がほっこりする癒し系のプロポーズ」(28.4%)、「ドラマチックで刺激的なプロポーズ」(16.0%)、「世界にひとつしかない、オリジナルなカレらしいプロポーズ」(11.6%)がランクインしていることが分かりました。

 

■男が結婚を意識するタイミングは?

でも肝心なのは、オトコに「結婚したい」と思わせること! 世の男性たちはどんな瞬間に“結婚”を意識するのでしょうか。

プロポーズをした男性406名に、「パートナーにプロポーズしようと決心した理由」を聞いたところ、半数近く(43.6%)が「“かけがえのない存在”だと実感したから」だと回答。

どんなに女性が「結婚したい」と望んでも、相手に「この人しかいない」と思わせることができなければ、プロポーズしてもらえないことが分かったのです。

 

■絶対イヤ……! “逆プロポーズ”をうまく回避する方法

そこで今回の調査結果を参考に、女性が思わずがっかりしてしまう“逆プロポーズ”を回避する方法を探ってみましたよ。

 

(1)相手の意見を尊重する

男性が結婚したいと思うのは、自分のことを信頼してくれて、「また会いたい」「もっと一緒にいたい」と思える癒し系の女性。「何してたの?」「どうして連絡くれなかったの?」なんてカレを束縛をしたり、わがままばかり押し付けるオンナは、論外なんです。

つまり、結婚のタイミングも、カレの意見を尊重することが大切。「いつ結婚してくれるの?」と急かしたり、「もう耐えられない」と弱音を吐く前に、「あなたしかいないの……」と伝える方が効果的かもしれませんね。

 

(2)小さな「ありがとう」を忘れない

夫婦になるカップルにとって大切なのは、どんなに些細なことでも「ありがとう」を忘れないこと。何かしてもらうのが当たり前だと思った瞬間に、相手をガッカリさせてしまう態度をとってしまうものです。

たとえイラッとすることがあっても、素直な気持ちを言葉で表現することを忘れずに……!

 

(3)「一緒に○○しよう」と提案する

結婚の話は出ているけど、あと一歩を踏み出せないカップルにおすすめなの具体策は、「一緒に貯金しない?」「一緒に暮らさない?」などの提案です。

今まで別々にしていたものを、ふたりで共有することによって、結婚がより現実のものとなりますよ。

 

あなたのちょっとした心がけで、理想のプロポーズは現実のものとなるはずです。今回ご紹介した3つのポイントを実践してみてはいかがですか?

 

【参考】

“かけがえのない毎日”に関する調査 – 株式会社ジェーシービー

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

それ…運命の人じゃないかも!? 今の恋人と「別れたほうがいい」危険サイン3つ

浜崎あゆみ号泣はドン引き!? 男が「コイツ、痛いな…」って思うオンナの涙って?

きゃりーぱみゅぱみゅも悩んでた!? 「元カノに未練がある男」が見せる要注意サイン3つ

話題に困って●●してない?ドライブデート中の「助手席NGマナー」3つ