closet

長時間のフライトで「ぐっすり眠る」にはどうすればいいの?

そろそろお盆休み。夏休みを使って、海外に旅行に行く人も多いのでは?

長時間のフライトで悩みのタネになりがちなのが……飛行機の中での睡眠時間の確保。

眠りたいけど、いつもとは環境が異なるため寝付けず、旅先で睡眠不足を感じてしまう、なんて事態は避けたいですよね。

そこで今回は、海外の情報サイト『AMERIKANKI』の情報も参考にしつつ、“飛行機でもぐっすり眠れる”3つの秘訣について紹介します!

 

 

■1:席は窓側を選ぶ

通路側の席に座っていると、いい感じに眠りに落ちそうなところで、窓側の席の人がトイレに立ち、目が覚めてしまうなんてことが起こりがち。

窓側の席を選んでおけばそういったことがないので、ぐっすり眠りやすくなります。また、眠くなったとき壁にもたれかかることができるので、眠りやすいですよ。

席選びの注目ポイントとして、トイレの近くの席を避けるのも大事。人が出入りすることが多いので、騒がしくなりがちです。

 

■2:ゆるっとした服を着る

飛行機に乗るときには、あまりにタイトなシルエットの服ではなく、ゆるっとした服を着るようにして。

体を締め付けてしまうと、血流が悪くなってしまい、眠りにつきにくくなります。

 

■3:イヤホン&アイマスクをつける

イヤホンとアイマスクで、外からの刺激を遮断するのも重要なポイント。

そもそもいつもと違う環境で眠ろうとしているワケですから、できる限り刺激は減らしたいですよね。

 

飛行機の中で眠れず、旅先で眠い……なんて事態は避けたいですよね。

ちょっとしたコツで、大きく環境を変えられるかも。気を付けてみてくださいね。

 

【参考】

※ 9 Tips for Getting Better Sleep on a Plane – AMERIKANKI

 

【関連記事】

※ 失敗の原因はコレ!? 痩せるには「●時間以上の睡眠」が必要と判明

寝る前に8割の人がスマホいじりに没頭。睡眠前は美容に励むべし!

夏って痩せるんじゃないの!? うっかり「体重が増えちゃう」NG習慣3つ

9割の女性が不満を感じてる!忙しくても「自分時間」を作るコツ2つ

1つでも当てはまったらアウト!「SNS中毒者」にありがちな危険サイン3つ