closet

若いからって油断大敵!「白髪予防のために」心がけるべき生活習慣

「苦労すると白髪が増える」なんて言われることもありますが……テレビを見ていて、とても若々しかった人が突然白髪交じりになって、一気に老けた印象になってしまったなんてケースも見かけますね。

アラサー女子の皆さん、「白髪なんてまだまだ先でしょ!」なんて思っていませんか? 若いうちから白髪対策をしておかないと数年後、後悔することになりますよ。

まだ髪が元気なうちに、白髪を防ぐ方法を実践していきましょう!

そこで今回は、有限会社アイアールが実施した「白髪に関するアンケート調査結果報告」を参考に“白髪”を防ぐ生活習慣についてご紹介いたします。

 

 

■白髪が気になりだす年齢は30代後半~40代前半

有限会社アイアールが実施した「白髪に関するアンケート調査結果報告」によると、白髪が気になるようになる年齢は、30代後半~40代前半ごろのよう。確かに、アラサー女子にはちょっと先ではありますよね。

フリーコメントを見てみると、「白髪を発見したときはショックだった」と自身に白髪が生えてきたことに戸惑いを隠せない人も多いよう。

若いうちから白髪対策をしておけば、その衝撃も少しは和らぐかもしれませんね。

 

■20代から始めよう! 白髪を防ぐ生活習慣

人生の先輩方から「25歳になってから30歳までって、本当にあっという間」とよく言われませんか?

それなりにお年頃になってきたら、“髪の健康”も意識しなければいけません。

連日連夜、暴飲暴食したり、睡眠不足続きだったりしていませんか? それって、自ら白髪が生えやすい環境をつくっているようなもの。

では、白髪を防ぐためには、どういったことに注意した方がいいのでしょうか?

 

(1)睡眠の質を高める

白髪を防ぐには、“メラノサイト”を活性化させる必要があります。メラノサイトとは、色素細胞のことで、髪の健康には欠かせない存在。

メラノサイトを若返らせるためには、20:00~4:00のあいだに睡眠をとるようにすると良いとのこと。

とはいえ、毎日アレコレ忙しいと、そんなに早く寝られないですよね。そんな女子は、せめて24時を回るまでにはベッドに入るよう、意識するようにしてみては?

 

(2)ストレスを発散する

白髪って、ストレスとも密接な関係にあるといわれています。体が緊張した状態が続くと、全身の血管が収縮し、血の巡りが悪くなって、白髪を防ぐ“メラノサイト”も一緒に元気をなくしてしまうのです。

運動をしたり、友人と話したりして、普段からストレスを溜めないよう心掛けることも大事です。こまめに自分の調子をチェックして、ストレスが溜まっているように感じるときには、すぐに対策するといいですね。

 

白髪混じりになってしまうと、どんなに着飾っても疲れた印象が隠せなくなってしまいます。

見た目年齢が老けると、心まで老化してしまう可能性も!? 若いから平気でしょと甘く見ず、白髪対策には力を入れておきましょう!

 

(ライター:山口 恵理香)

 

【参考】

※ 白髪に関するアンケート調査結果報告 – 有限会社アイアール

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

ちょっとした工夫で長続き!ランニングの「モチベーションを維持する」2つ

さりげなく色っぽ♥「かきあげバング」で実現する涼しげヘアスタイル4選

忙しくてもOK!「サクッとできて効果バツグン」なお手軽美容テクまとめ

食べなきゃ痩せる…ってワケじゃない!「断食・ファスティング」の注意点って?