closet

夏は●時間が限界!? 汗をかいても「メイクを崩さない」2つの裏ワザ

一生懸命キレイに仕上げても、外を歩いているうちにドロドロ……。友達と合流する頃には鼻がテカテカになって別人に!

夏場はメイク崩れが激しくなるので、極力涼しいところにいたいですよね。

しかし、花火大会やお祭り、バーベキューなど、夏のイベントは外で行われるものも多く、そんなワガママも言えない……。

そこで今回は、株式会社ドクターシーラボが実施した「“ひんやりコスメ”に関するアンケート調査」を参考に、夏のメイク崩れを防ぐ2つのテクニックをご紹介いたします。

 

 

■6割の女性が3時間以内に崩れると回答

株式会社ドクターシーラボが実施した「“ひんやりコスメ”に関するアンケート調査」で、「夏の肌悩みは何ですか?」と尋ねたところ、「汗をかく(68.6%)」、 「肌がベトベトになる(43.1%)」 、「化粧が崩れやすい(40.8%)」と、全て暑さが原因で起こるものばかりでした。

また、夏のメイク崩れに関しては6割の女性が「3時間以内に崩れる」と回答し、皆さん夏の思い出作りの際には、メイク崩れと闘っていることが見て取れます。

また「メイク崩れの対策は何かしていますか?」という質問には47%の女性が「何もしていない」と回答しており、どうすればドロドロな顔にならないか、皆さん疑問に感じられているみたいですね。

では、夏のメイク崩れを防ぐには一体どうするべきなんでしょう……!?

 

■メイク崩れを防ぐ裏ワザ2つ

(1)保冷剤を当てる

あくまで一時的な対処に過ぎませんが、保冷剤を当てるいいですよ。

夏のメイク崩れの原因は何といっても“汗”。「ちょっとヤバいかも!」と感じたときは、保冷剤などで首や脇の下を冷やし、顔だけでなく体全体を冷やしましょう。

汗が引けば、ドロドロ顔にならずに済みますよね。

 

(2)ティッシュオフする

汗をかいたとき、あぶらとり紙をつかって汗を拭きとる人がいますが、これは必要な皮脂までとってしまうのでNG。

ティッシュを何回か重ね折りして、油分の多いTゾーンを中心にティッシュオフしましょう。

 

いかがでしたか?

夏のメイク崩れは、ほんの少しお直しの方法を変えるだけでも防げる可能性があります。汗をかいたからといって、ファンデーションを重ね塗りしたり、あぶらとり紙でとったりせずに、今回ご紹介したテクニックを実践してみてくださいね。

 

(ライター:山口 恵理香)

 

【参考】

※ 「ひんやりコスメ」に関するアンケート調査 – 株式会社ドクターシーラボ

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

前髪つくろっかな…って人は絶対チェック!雰囲気別「シースルーバング」3つ

海が似合う「サマードレス」もうゲットした?おすすめヒロインワンピ3選♡

花火デートにもぴったり!浴衣がもっとかわいくなる「編み込みアレンジ」3選

今染めるならこれ!「秋冬までずっとカワイイ」トレンドカラー4選