closet

紫外線対策にもなる!? 毎晩ぐっすり「快眠を手に入れる」2つのコツ

涼しさを感じることも増えてきましたね。でも、夏の暑さのダメージをそのまま放置してしまうと、あなたの体に“夏疲れ”が残ってしまう可能性も……。

たとえば、夏の間に浴びた紫外線のケア、涼しくなったからといって気を抜いていませんか? 実は紫外線対策には良質な睡眠をとることが大切なんだとか。

そこで今回は株式会社エアウィーヴホールディングスの資料を参考に、“ぐっすり寝るためのコツ2つ”をご紹介いたします。

 

 

■紫外線対策のカギは“睡眠”だった!?

株式会社エアウィーヴホールディングスが発表したデータによると、紫外線ダメージを修復するには、睡眠によって分泌される“成長ホルモン”がカギになるとのこと! 良質な睡眠をとることによって成長ホルモンが分泌され、紫外線によるお肌のダメージを回復してくれるそうなんです。

成長ホルモンが多く分泌されるとお肌のターンオーバーが活性化され、皮膚細胞が次々と生まれ変わります。また、成長ホルモン自体が美容液の役割を果たし、肌の弾力を維持してくれるんだとか。

お肌の潤いに欠かせない“成長ホルモン”は夜22時~深夜2時の間に分泌のピークを迎えます。つまり、この時間に良質な睡眠をとれば、紫外線に強いお肌を作り上げることができるんです!

 

■良質な睡眠をとる方法

では、良質な睡眠をとるためには、どんなことに気を付ければいいんでしょうか? 今回は、ポイントを2つピックアップしてみました。

 

(1) 副交感神経を優位にする

ぐっすり寝るためには、睡眠前に交感神経(活動モード)から副交感神経を優位にさせるよう、切り替えておくことが重要。そのためには、リラックスできる環境づくりが大切です。

たとえば、お風呂に入って体を温めたり、その日の気分に合わせてアロマを焚いたり……。睡眠前のリラックスタイムを楽しむよう、心がけてみて。

 

(2) 入眠儀式をつくっておく

就寝時間が来たら自動的に眠気がくるよう、工夫しておくこともポイントのひとつ。これをしたら眠れるという“儀式”を作っておくと、自然な流れで寝ることができます。

具体的にいえば、ヒーリングミュージックをかけたり、日記を書いたり。心を落ち着かせる“入眠儀式”をいくつか用意しておくと、万が一眠れないときにも活用できますよ!

 

いかがでしたか? 紫外線対策だけでなく夏バテ対策という意味でも“睡眠”はとても大切。秋の夜長に快眠できるよう、今から準備を整えておくといいですね。

 

(ライター:山口 恵理香)

 

【参考】

※ 紫外線対策のカギは“睡眠”にアリ!? 肌ダメージを修復する睡眠の秘訣とは?-株式会社エアウィーヴホールディングス

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

ちょっとした工夫で長続き!ランニングの「モチベーションを維持する」2つ

さりげなく色っぽ♥「かきあげバング」で実現する涼しげヘアスタイル4選

忙しくてもOK!「サクッとできて効果バツグン」なお手軽美容テクまとめ

食べなきゃ痩せる…ってワケじゃない!「断食・ファスティング」の注意点って?