closet

カップル必見!「ごめんね」よりも愛が深まる仲直りのコトバ3つ

あなたはこの夏、恋人とケンカをしましたか?

『gooランキング』の「夏に恋人とケンカした原因ランキング」によると、

・花火大会の場所取り問題

・夏祭り混雑しすぎて休憩できない問題

・虫だらけのキャンプ場問題

・日陰がない場所を連れまわし日焼けしすぎた問題

など、ちょっとしたことが原因でケンカしているカップルが急増中! 身に覚えのある女性も多いのではないでしょうか。

「でも、素直にごめんね……って言えない!」そんな女性のために、今回は“上手な仲直りの方法”をご紹介します。

 

 

■「ごめんなさい」よりも愛が深まる仲直りのコトバ3つ

(1)「やっぱり……○○の言うことが正しかった」

男性はバカにされたり、過小評価されたりすることが大っ嫌い! 「もっと花火見えるところなかったの?」「歩きすぎて疲れた」なんて文句ばかり口にしていた女性は要注意ですよ。

今回のデートプランには、人の少ない場所でゆっくり花火を見たかった、あなたを楽しませたかった……など、カレなりの考えがあるはずです。

もっと他の視点から、恋人のことを再評価してみてはいかがですか?

 

(2)「いつもわがままを聞いてくれてありがとう」

付き合いが長くなるにつれて、「どうして○○してくれないの?」「もっと○○してよ」なんてわがままで男性を振り回してしまいがち……。いつまでも言うことを聞いてくれると思ったら、大間違い!

愛想を尽かされる前に、「いつもわがままを聞いてくれてありがとう」と、感謝のコトバを添えて、仲直りのきっかけを作ってみて。

 

(3)「あなたを失いたくない……」

恋人をギリギリのところまで追いつめて、大きな溝ができてしまったときは、まずは冷却期間を設けましょう。

そしてしばらく経ってから、「あなたを失いたくない」「ケンカして大切なことに気が付いたの」と、カレへの愛を表現するのがベスト。謝罪の気持ちがしっかり伝われば、許してもらえるはずですよ。

 

夏の暑さが邪魔して、大きなケンカをしてしまったあなた。今回ご紹介した3つのコトバも大切ですが、素直に「ごめんなさい……」と言うのが1番です。ふたりの溝が深まる前に、仲直りしてくださいね。

 

【参考】

※ 夏に恋人とケンカした原因ランキング – gooランキング

 

【関連記事】

※ 夏なのに「プヨプヨお肉」放置してない?今スグ始められるダイエットまとめ

婚期が遅れる…はウソ!? 「結婚前の同棲」から得られるメリット2つ

デキる男はココで見分ける!? ●●を飲む男は「出世しやすい」傾向が判明

恋のチャンスも台無し!? 「この女浮気しそう…」って思われちゃうNG行為3つ

別れたほうがいいかも…「便利なオンナ」って思われてる危険サイン3つ