closet

日本女子は努力不足? ニューヨーク女子に学ぶ「キレイになる2つの美習慣」

世界のトレンドをいち早く発信する街といえば“ニューヨーク”。

ただオシャレだけでなく、クリエイティブで個性的な人々が集まる素敵な場所ですよね。

一方、日本も先進国の仲間入りを果たし、世界的に人気を集めているジャパンカルチャーもいくつかあります。

しかし“女性の美意識”に関しては、どうやら日本女子よりもニューヨーク女子の方が圧倒的に高いようですよ。だからといって、努力不足と言われたまま、引き下がるわけにもいきませんよね。

そこで今回は、『株式会社オールアバウト』と『コーセープロビジョン株式会社』が実施した「美容行動と意識に関する比較調査」を参考にしながら、キレイになるための2つの習慣をご紹介ます。

出典:http://www.shutterstock.com

 

■2人に1人しか努力している自信がない!?

今回参考にする前述調査によると、ニューヨーク女子の9割が自信をつけるために努力をしていると言い切っている一方、日本女子は2人に1人しか努力をしていないという結果に。

出典 : https://www.atpress.ne.jp

 

圧倒的に差をつけられた日本女子ですが、“化粧水をつける”、“化粧を落としてから寝る”、“日やけ止めクリームを塗る”などの美容行動は、ニューヨーク女子よりも実施頻度が高い傾向に。

また、日本女子は一連の行動を“努力”ではなく日々の“習慣”として捉えていました。一方、ニューヨーク女子は“健康的な努力”に関しては人一倍力を入れているようですよ!

 

■ニューヨーク女子に学ぶ「キレイになる習慣」2つ

(1) 十分な睡眠をとる

出典 : http://www.shutterstock.com

 

“キレイ”や“健康”を保つうえで“睡眠”は重要な鍵を握っています。成長ホルモンが分泌されている時間帯に無理やり起きて仕事をしていたり、自己啓発に取り組んでいても、かえって老化現象を加速させてしまうだけ。

睡眠不足の状態が続くと、すぐにお肌も荒れてしまいますよね。できるだけ早寝早起きを心がけ、内面から調子を整える努力をしてみましょう。

 

(2) 適度な運動をする

出典 : http://www.shutterstock.com

 

体にいいとは分かっていても、一週間がはじまると仕事をこなすだけで精一杯になっていませんか?

いつまでもイキイキと過ごすためには、適度に体を動かして、日頃の運動不足を解消しておくことも重要です。お昼休みに少し外を歩くだけでも、体の調子が違ってくるはずですよ! スキマ時間を上手く使い分けましょう。

 

いかがでしたか?

日本女子は外側からのケアに関しては力を入れているようですが、内面から健康やキレイを保つ努力はニューヨーク女子に負けているみたいですね。

キラキラなオーラを放つには、化粧水だけでは努力が足りません。体の内側から健康になれるように、生活習慣を少しずつ変えてみましょう!

 

(ライター:山口 恵理香)

 

【参考】

※ 「日本とニューヨークの“美容行動と意識”に関する比較調査」 ‐ 株式会社オールアバウト・コーセープロビジョン株式会社

※ Dmitry_Tsvetkov / DK.samco / Yellowj via shutteerstock

 

【関連記事】

美容にうれしい成分たっぷり!今注目のスーパーフード「スピルリナ」って?

デート前日でも間に合う!「寝ている間にできちゃう」お手軽美容テク3選

失敗の原因はコレ!? 痩せるには「●時間以上の睡眠」が必要と判明

出来る女はセンスがいい!?「titivate」インスタに学ぶ上質オフィスカジュアル♥

ボサ髪になってない?色っぽ女子の鉄板「かき上げヘア」4つ♥