closet

使いにくいAppStoreにはもうサヨナラ!Appleがリニューアルを考え中?

AppStoreの使い勝手について、みなさんはどのようにお考えですか?今やなんと50万以上もあるアプリ達を効率よく探せていますでしょうか。または、新しいアプリとの意外な出逢いを体験できていますでしょうか。

AppStoreリニューアル

2008年7月10日のサービス開始以来、iOSのアプリを一手に提供してきたAppStoreも、リニューアルのタイミングを伺いつつあるようですよ。9to5mac.comによると、今年2012年の終わりごろに、AppStoreの改修が計画されている可能性があるとのことです。

techcrunch.comの報道した、アメリカで大人気のアプリ検索サービス「Chomp」がAppleに買収されたニュースがこのことの信ぴょう性を高めます。アプリ検索の利便性を向上し、AppStoreの使い勝手を良くしよう、という意図が垣間見えます。

なにせ、50万アプリです。

Chomp検索の仕組みは、ただ単にキーワードを含むだけではなく、そのアプリの特徴なども踏まえて検索対象とすることで精度を上げている模様。Google検索エンジンが徐々にその精度を向上させていったように、アプリ検索結果に対する満足度をどんどん向上させてほしいものです。

AppStoreはどう変わる?

私は現状、AppStoreは、カテゴリごとのランキングしか見ていません。時々、気になるキーワードで検索してみるくらいです。Geniusはほとんど使っていません。*Genuis:既に入っているアプリをもとにした関連アプリの推薦機能。

Web上でものを探すと言えばYahoo!に見られたようなカテゴリをたどっていく方法か、キーワード検索か、そしてデータをもとにしたレコメンド機能の3通りになるかと思います。50万の中から今ダウンロードしたい最適なものを最短でチョイスする方法として、どれが適切でしょうか。

おそらく、全てです。

探したいものが既に決まっているのか、なんとなくイメージでしかつかめていないのか、そしてその度合いはどの程度なのか、によってどんな仕組みがマッチするのか決まってくることでしょう。3つの組み合わせなのか、それともソーシャル連携・データ活用など新しい機能を加えるのか、Appleが提唱する「ものの探し方」に期待が高まります。

なにせ、私たちclosetのようなアプリ紹介サイトがたくさん誕生している昨今、「アプリを探すならAppStoreで!」というAppleのメッセージを感じられるような、使いやすく探しやすい、画期的なユーザーインターフェイスによって、また私たちに感動をプレゼントしてくれることを願っています。

参考:

Apple looking to launch iTunes Store, App Store overhauls later this year(9to5mac.com)

Apple Acquires Chomp; App Store Search And Discovery To Be Completely Revamped(techcrunch.com)