closet

春はピンクが着たい♡スタイリスト直伝「差し色コーデ成功のコツ」って?

まだまだ寒いこの季節。つい地味色ばかり着ていませんか?

今日は、スタイリストになるべく勉強中の私が考える、“差し色コーデ”が上手になるヒントをご紹介します。

もしその差し色が普段着ないようなカラーでも、いつものコーディネートにプラスするだけなのでとっても簡単!

 

いつもBLACKを着ている人は、PINKを着よう!

image1-1-1-500x334

最近はモノトーンやワントーンが流行っている為、つい似たようなトーンでお洋服を選びがち。黒を上手に着られる方は、おしゃれ好きでスタイリッシュなコーディネートを好む方が多いはずです。

そこで、差し色にピンクを加えましょう。

一見、甘めの代表のピンクは、カッコいいの代表の黒と逆のカラーに見えますが、ピンクの持つ独特の可愛らしさは黒を合わせることでより一層引き立ち、甘すぎない印象を与えます。

赤だと主張が強すぎてバランスを取りにくく好みも別れますし、青系だとクールなイメージが強調され優しい女性らしいイメージが減ってしまいます。

そこでちょうどいいのがピンクなのです。

例えば、黒タートルネックニット×インディゴデニムスカート×黒アウター、小物も黒でまとめたコーディネート……まとまりがあってシンプルで十分素敵です。

ここで、1アイテムだけピンクを加えてみましょう。(今回は小物)

オールブラックの中に可愛らしさのあるピンクが加わり、おしゃれな印象がアップしますよ。

image2-2

ピンクに抵抗がある方は、同系色のベージュのトップスやパンプスから取り入れるといいかもしれません。上級者の方は青みの強いピンクやショッキングピンクがおすすめです♡

その他にも、ピンクの割合を増やしたカラーコーデにチャレンジしたり、モノトーンが苦手な方はダークトーンでまとめたコーディネートの差し色としてピンクを合わせてみましょう!

 

いかがでしたか?

今回は私のオススメカラーでご紹介しましたが、この記事を参考に自分に合うカラーでコーディネートに取り入れてもいいです!

明日から早速チャレンジしてみてください♡

 

【関連記事】

※ 【ファッション入門】今更聞けない首もとの基本~クルーネック・Vネック編

※ 一歩間違えると太って見える!? 「正しく着たいトレンドアイテム」3つ

※ コツを掴めば誰でも出来る♡話題の「アウターレイヤード」を成功させるには?

※ 臭いとキスできない!? 意外と男性は気にしてる「口臭を無くす方法」とは

※ 心理カウンセラーが教える♥「相手の表情を読み解くコツ」とは