closet

美容師直伝♥乾燥がヒドイ冬「簡単うるうるお家ケア」で乗り切れ!

冬は乾燥の季節! お肌だけでなく、頭皮や髪の毛も乾燥します。

年末は忘年会シーズンで忙しさもピーク……なかなかメンテナンスに行けない方も多いのでは?

そんな方に、今回は美容師の筆者が、お家で出来る簡単ヘアケア方法を教えます♥

B006669873-500x750

 

乾燥によって起こるトラブルとは?

頭皮・・・カサカサになりフケが出やすくなる。敏感な方はヒリヒリと炎症を起こす。水分バランスが崩れ逆に脂が多く出る方も。

髪・・・パサつき、まとまりにくくなったりハネやすくなる。枝毛や切れ毛の原因になる。静電気が起きやすくなる。

このように乾燥は様々なトラブルを引き起こします。

 

プロが教える、お家ケア♥

(1)ぬるめのお湯で洗う

寒いとシャワーの温度を高めに設定してしまいがちですが、熱すぎるお湯は肌や髪を乾燥させてしまいます。

なるべくぬるめのお湯で洗うようにしましょう。

 

(2)洗浄力が弱めのアミノ酸系シャンプーを使う

シャンプー剤も使用するものによっては髪や頭皮をどんどん乾燥させてしまいます。

必要な汚れと油分だけを落とすには、洗浄力が弱めの“アミノ酸系”を界面活性剤に使用しているシャンプーがオススメ。

アミノ酸はタンパク質を構成している成分で、髪の毛や肌ももとをたどればアミノ酸から出来ています。

 

(3)保湿トリートメントはしっかり。ホットタオルも効果的

乾燥によるダメージをいたわるようにしっかりトリートメントをしてあげましょう。

熱いタオルで髪全体をくるんで5分ほどおいてあげると、髪だけでなく頭皮にも保湿効果があります。

 

(4)リンス・洗い流さないトリートメントで静電気防止

リンスや洗い流さないトリートメントには表面を滑らかにし、静電気を防止する効果があります。

イオンドライヤーも帯電防止効果があるので効果的です。

 

(5)ドライヤーはオーバードライさせない

しっかり乾かさないとダメージの原因になりますが、乾かしすぎも禁物です。

渇きにくい内側の根本から先に乾かして毛先がパサつくのを防ぎましょう。

 

いかがでしたか?

上記以外にも、サロンに行って定期的に毛先のカットをしたり、トリートメントをしたり、加湿器やスチーマーを使うなど、様々な対策が考えられます。

きれいの為に日々ケアしながらこの冬を乗り越えましょうね!

 

【関連記事】

お家でサロン級の仕上がりに!? 美容師が教える「ドライのコツ」5つ

ボサボサにするだけ!? 翌朝まで「キレイなモテ髪が続く」ドライの基本テクニック

美容師が教える♥髪の長さ別「おフェロ巻き髪の作り方のコツ」3つ

美容師が教える♥休日にしたい「あえてのちょいボサお団子ヘア」の作り方

バランスが命!実は誰でも似合う「ショートヘア」ってどんなの?