closet

英語を真剣に学びたい人は英英辞書を使うべし!『Oxford Dictionary of English』アプリは一生モノ

今日は、iPhoneを使って英語のレベルをワンステップ、グン!と伸ばす秘訣をご紹介したいと思います。

『Oxford Dictionary of English』アプリを使って本格的に英語を学ぶ試みです。私自身Oxfordで勉強中であり、紙媒体でも頻繁に活用している辞書ですが、iPhone、iPad版は2,600円です(価格は随時変更されます)。Oxford辞書は英語辞書の最高峰。一生ものですし、一度買うとアップデートされるので紙の辞書よりお得感満載です。購入しておいて損はないと思います。

◆英英辞書、使っていますか?

英英辞書と言いますが、単に英語で英語を調べる、それだけのことです。最近では沢山の英和、和英辞書がスマートフォン、タブレット上でも使えるようになり、すぐに分からない言葉を調べられるようになりました。便利ですね。

しかし、その結果あなたは英語能力が上がったと思いますか?分からない単語があってすぐに調べて覚える、もちろんこれも語学においては重要です。しかしもう一歩先の上級レベルに達するためには文脈から語彙の意味を推測する力、そして英語で英語の語彙を理解し、類語も学ぶことができる力をつけなくてはなりません。

便利なものに頼っていると、こうした大事な力を犠牲にしてしまうということも意識しておきましょう。

◆読書が上級者への早道

読書は、読む能力だけを育てるのではありません。英語でなされる様々な会話の背景にある文脈を理解できることにもつながります。ともかく読書を大量におこなって下さい。最初は辛いですが、一週間我慢して読書を続ければ習慣化し、楽になっていきます。この読書のパートナーとして必要不可欠なものが「辞書」ですね。ここで読書を通して効率よく真の英語力を身につけるステップを紹介します。

1)まず10〜20ページほど辞書をひかずに読む

2)それでも分からなかった単語は英英辞書で調べ、英語で理解する

3)どうしても分からない単語があり、それを知る必要性が高い時のみ例外的に英和辞書を用いる

一見苦しい作業ですが、これを続けることにより読解力がメキメキつきますし、会話力さえもあがります。語彙の自然な使い方が身体で覚えられるからです。

◆iPhoneアプリを片手にスマート読書

しかしいつもいつも重い英英辞書を持ち歩くわけにはいきませんね。そこでiPhone,iPadアプリの登場です。

このように英語で意味が表示されます。どのように文の中で使われるのか、用例も一緒に勉強し、単語を自分のツールにしてしまいましょう。アプリの利点はなんと言っても、発音を音声で聴くことができることです!単語の横にある音符マークを押せば音声が流れます。これこそ技術を利用し自分の能力向上に繫げられるスマートな勉強方法と言えるのではないでしょうか。

調べた単語は履歴にも残りますが、ブックマークに登録することができるので単語帳としても活用することができます。これでいつでも復習することができますね。調べた単語を復習することで、本の中で読んだ内容も想起することができると思います。

いかがでしたか?国際化する社会においては英語が必須です。是非このアプリを活用してスキルアップして下さいね。

『Oxford Dictionary of English』 for iOSをダウンロードする