closet

絶対失敗したくない!「自分から告白するとき押さえておきたいポイント」って?

30歳前後にもなってくると、一回の勝負がとっても大切。

結婚願望がある人にとっては、なおさら成功率を高くしていきたいですよね。

二人とも意識しているはずなのに、なかなか彼が告白してくれない……。そんなとき、どうしてもイライラ・モヤモヤしている気持ちをおさえきれずに自爆しがち。

せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、思い切ってあなたから告白してみませんか?

そこで今回は、『マッチアラーム株式会社』が実施した「好きになったら自分から告白しますか?」を参考にしながら、自分から告白するときにおさえておきたいポイントについてご紹介してまいります♥

 

30代女性の半数以上が自分から告白する!?

同アンケートによると、20代前半で40.4%、20代後半で43.7%と、積極的にアプローチする人がちらほらといる中、30代にもなると、一気に上昇し、なんと半数以上のアラサー女子が自分から告白するという結果に。

やはり、結婚適齢期を迎えると、自分が思っていた以上に焦りや不安と闘わなければいけないのかもしれませんね。

ちなみに「はい」と回答した人にその理由を聞いてみると「後悔したくない」「他に取られたくない」「待ってられない」と非常に切実なご意見が寄せられていました!

 

 

自分から告白するときの注意点!

そこで今回は、告白するときの注意点を考えてみました。

 

(1)一度で諦めない

仮に自分から告白して振られたとしても、一回だけで諦めてはいけません。なかには何回も自分から告白したことで、彼の興味がこちらに向いた、という人もいるほど♥

一回だけで引いてしまっているようでは、あっという間に結婚適齢期を過ぎてしまいますよ! 何度もアタックし続ければ、彼もきっと応えてくれるかも。

 

(2)脈アリサインをだしておく

全く関わりがない状況から、いきなり告白しても成就する可能性ははっきり言って、かなり低いでしょう。自分から告白する場合は、彼にだけ分かるように、それとなく脈アリサインをだしておくことが大切。

たとえば、皆で飲んでいるときもさりげなく席を移動して彼の隣に座ったり、職場や学校が同じなら一緒に帰るだけでも、きっと彼はあなたを意識するはず。じっくりと攻めてから、最後の留めとして、自分から“好きです”と伝えましょう♥

 

いかがでしたか?

色々考えているうちに告白する気持ちになったとはいえ、何事にも“順序”というものは必要。自分から告白するにしても、ある程度、二人の関係を成熟させたうえでないと、失敗する可能性がそれだけ高くなってしまいます。

自然な流れで告白できるように、まずは二人きりになれるシチュエーションを増やしていきましょう♥

 

【参考・画像】

※ 「 好きになったら自分から告白しますか?」 – マッチアラーム株式会社

毎朝8時の出会い「マッチアラーム」

※ Rohappy / shutterstock

 

【関連記事】

※ えっ…私痛い女になってる!? アラサーを迎えたら「更にモテるようになる」秘訣♥

※ 肌が酸素不足!? アラサー女子の9割が悩んでる「肌トラブル」の理由とは

※ 「アラサー独女」がやりがち!男性の前で気をつけたい3つのNG言動

※ アラサーに急増中の●●女子!SNSで出来る「落としテク」とは?

※ 早くない!? アラサー女子の50%が「結婚諦めてる」という事実