closet

実際どうなの?意外と願望ありが多い「不倫のメリット・デメリット」って?

結婚したら幸せになれると思っていた。

でも、実際は仕事や家事、子育てに追われる毎日で、友達と遊びたいと思っても、旦那や子どもを優先しなければいけない……。

たまには、私だってハメをはずしたい!

そんなときに限って素敵な男性に出会ってしまうもの。本能の赴くまま行動するうちに、気が付けば自分も浮気や不倫をする立場に。

そこで今回は、『VIM株式会社』が実施した「既婚女性の浮気願望アンケート」を参考にしながら“不倫”に焦点を当ててみたいと思います!

 

浮気はあくまで願望だけ!?

アンケートによると、「現在浮気はしていますか?」という質問に対し、堂々と「している」と回答した人はわずか13%と、意外にも少ない結果となりました。最も多かった回答は「あくまでも願望だけ」と、家族やパートナーに対して忠実な人が多い傾向に。

浮気相手の職業として最も人気なのは「サラリーマン」(23人)。

たしかに言われてみると、学生を巻き込んでまで、浮気や不倫をしようとはなかなか思えませんよね。

 

浮気・不倫のメリット

不倫にはマイナスイメージがついて回りますが、決してデメリットだけとは限りません。お互い既にパートナーがいて、遊びの延長線上と捉えることができているなら、本能的に“体の関係”を楽しめるでしょう。

事実、アンケートでも、「どんな浮気がしたい?」という問いに対し、「セフレ」や「一夜限り」を望む声が多く寄せられていました。

ただし、どちらか一方だけが「本気の恋」を望んでしまうと、色々と面倒くさいことが増えてきますよね。

 

浮気・不倫のデメリット

浮気・不倫をした結果、本気の恋になってしまった……。

しかし、不倫相手と結婚しても、今以上に幸せになれるとは限りません。もしかしたら、元パートナーとの結婚生活を捨てたことに後悔する可能性もあるのです。

安定した暮らしを捨ててまで、不倫を楽しむ必要があるのかどうか?

恋の炎が激しく燃える前に、一度冷静になって、自分の気持ちと向き合いましょう。

 

いかがでしたか?

浮気や不倫は、最初は遊びのつもりでも、やはり相手に“情”をもつ瞬間は出てきてしまいます。

安定した暮らしやささやかな幸せを全て投げ出してまで走ってもいいのかどうか、もう一度考えてみましょう。

 

【参考・画像】

※ 「既婚女性の浮気願望アンケート」 – VIM株式会社

※ Hrecheniuk Oleksii / shutterstock

 

【関連記事】

※ 2割が経験アリってホント!? 「不倫に陥りやすい」女性の特徴3つ

※ ラブラブじゃなかった!? 不倫の50%以上が「結婚1年目」に起きると判明

※ 食事に誘われたらどうする?「浮気のボーダーラインとバレない方法」とは

※ お金持ちとの結婚は浮気がつきもの!? 女探偵が見た「社長の浮気事情」とは

※ こんな行動をしていたら疑った方がいい!? 「男性の浮気を見抜く方法」3つ