closet

髪色と肌色マッチしてる?美容師が教える「本当に似合うヘアカラー」の見つけ方♥

「ヘアカラーをしたいけど自分に似合う髪色がよくわからない……」そんな経験ありませんか?

今回は3タイプに分けた肌色をベースに、似合うカラーをご紹介していきます。

自分史上最高に似合う髪色にチェンジしてみませんか?

 

黄み肌さん×アッシュベージュ

kimi-500x750“色白だけど黄味が強い”日本人女性に1番多い肌色です。本来イエローやオレンジ系が1番黄み肌には馴染むのですが、オフィスではキツイ印象になってしまったり褪色してくると赤味がでてしまいがち。

透明感とほんのり柔らかさを出してくれるアッシュベージュで健康的な印象になります。少し明るめの方がより肌馴染みもいいですよ。

 

青み肌さん×ラベンダーアッシュ

B007117452-500x750一見顔色が悪く見えがちな青み肌さん。明るめのアッシュ系カラーもオススメですが、さらにラベンダーなどのバイオレット系を少しプラスしてあげると顔色も明るく、赤味も強すぎないので華やかにみせてあげることができます。トーンを落とせばオフィスマナーもバッチリ。

 

地黒さん×ジューシーベージュ

jiguro-500x750地黒さんには艶感が出しやすくなる暖色系がオススメです。アッシュ系が強いとより顔色やファーストインプレッションが暗く見えがちなので、ブラウンやオレンジをプラスして自然な髪色に。トーンは明るすぎるとケバくなってしまうので、暗めか、明るくても10トーンくらいがおすすめです。

 

いかがでしたか? いつも髪色で悩んでしまう方も、肌色をベースにしてみると自分に似合うカラーをオーダーしやすいと思います。

今回は3つのヘアカラースタイルを参考にご紹介しましたが、たくさんあるヘアカタログのなかから探してみたり、美容師さんに相談してももっと幅が広がりますので1番似合うカラーをぜひ見つけてみてください。

 

【関連記事】

実は髪の毛が印象を左右する!? 寒い冬「ツヤ感がある血色肌」を作るカラーって?

プリンになる心配なし♥オフィスもOK「上品レディな暗髪カラー」3つ

【職種別】気になる彼を狙い撃ち!美容師が教える「本当にモテるヘア」4つ

美容師が教える♥休日にしたい「あえてのちょいボサお団子ヘア」の作り方

バランスが命!実は誰でも似合う「ショートヘア」ってどんなの?