closet

スマホはもはや防災グッズと言えるかもしれません。緊急事態に役立つアプリ【厳選3つ】

2011.3.11から1年経過しました。まだまだ復興途中、長い道のりですが一人一人が出来ることを、特に、「忘れない」ことを大事にさらに、「命を大事に思う」ことも再認識したいところです。

防災に対する意識を上げることは、被害を最小限に抑えるための必須ポイント。スマホアプリで対応可能なものをピックアップしてみました。この機会に、まだインストールしていない方はぜひ入れておいてください。できることはなんでもやりましょう!

◆懐中電灯アプリで明かりと存在の証明を!

外出時に被災してしまったら、それが夜だったら。明かりは必須です。暗闇は想像以上に不安をもたらします。

20120309-215942.jpgこちらのアプリ、右下の三角をタップすると 緊急ビーコン(SOSのモールス信号を点滅)モードになります。どこかに閉じ込められても、僅かな隙間から光で存在を伝える、そんな使い方ができますね。

『懐中電灯』 for iOSをダウンロードする(無料)

類似のアンドロイドアプリはこちら。アンドロイドマーケットダウンロードNo.1です。

『超光懐中電灯無料アプリ』 for Androidダウンロードする(無料)

◆バッテリー消費は控えるべし

インフラが混乱中はなるべくスマホの使用は控えましょう。

WEBを使うにはあと2時間でバッテリーが切れてしまう、など、視覚的に分かるので無駄に使うことがなくなります。

『バッテリーマスターFree』 for iOSをダウンロードする(無料)

類似のアンドロイドアプリはこちら。アンドロイドマーケットダウンロードNo.1です。

『Battery Widget (バッテリーウィジェット)』 for Androidダウンロードする(無料)

◆電源を確保しよう!

職場や外出先で被災してしまったら、無理に帰宅することは避けましょう。近辺のカフェは混雑しているかもしれませんが、少し歩けば休める場所があるかもしれません。

20120309-220055.jpg

普段のカフェ検索にも使えるので一息つきたいときなどオススメ。欠点は主要都市のみ対応というところでしょうか。今後に期待したいですね。

『電源検索Lite』 for iOSをダウンロードする(無料)

『電源検索Lite』 for Androidダウンロードする(無料)

以上になります。

いかがでしたか?備えあれば憂い無し。出来ることはやっておきましょう!