closet

意外と使える♡「ふるさと納税パーティー」が新しい!

いいなと思っている人がいるけど、自分からデートに誘うのは絶対イヤ!

そんなときに、今だからこそ試しやすい誘い方があります。それは、ふるさと納税のお礼品を使ったお誘いの方法です。

実はコレ、デートのお誘いにぴったりなんです。今回は、そんなふるさと納税のオススメの使い方をご紹介します♡

shutterstock_371593822

 

ふるさと納税って?

住民税の2割を上限として、地方自治体に寄付するとお礼品が貰える制度です。ネットで申しこめ、カード払いもできます。

1万円の寄付で、5,000円以上のお礼品が貰える自治体もあります。支払いの総額に対して2,000円の費用がかかりますが、住民税を普通に払うよりも断然お得です。

5ヶ所までならサラリーマンでも確定申告が不要なワンストップ納税という制度もできたので、通販感覚で利用できるようになりました。

 

ふるさと納税の手続きは難しくない

“野菜セット”“チーズセット”など1人では食べきれないほどの量が届くものも多いので、

「お礼品パーティーしよう」とホームパーティーを企画することで自然に彼を誘うことができます。

 

急に誘う理由を作りやすい

オトクなふるさと納税ですが、通販と大きく違うのは到着指定日を選べないこと。

そのため「ふるさと納税で沢山届いて食べきれないからパーティーやろう」という誘ってもおかしくない理由が作れるのです。

お肉が好き、お魚が好き、など彼の好物が分かっていたらはじめから狙ってお取り寄せするのも賢い方法ですね。

 

自分では買わないものをお取り寄せしよう

すき焼き用の良いお肉や、チーズセットなど自分で買うと高いものは、お誘いを受けてご馳走になったら嬉しいもの。

ホームパーティーに来てくれた彼から「お礼に今度何かごちそうするね」とデートのお誘いにつながるかもしれませんよ。

またふるさと納税で届くお肉などは冷凍品が多いですが、「うちの冷凍庫に入りきらなくて困ってる!」という理由づけを作るのも自然な誘い方になるでしょう。

 

おすそ分けを理由にもできる

鍋パーティーはハードルが高い、という方はおすそ分けもオススメ。野菜やお肉などが沢山届いてしまったことを理由に、「●●(食べ物の名前)好き?」と聞いてみましょう。

おすそ分けを理由に彼と会う口実が取り付けられるかもしれませんよ。

 

最初のハードルが少し高いふるさと納税ですが、自治体の役に立つうえにお礼に全国の美味しいものが貰える……といういいこと尽くめなんです。

なかなか自分から彼を誘う勇気が出ない、という方の理由づくりにぜひ試してみてくださいね!

 

【画像】

※ oneinchpunch / shutterstock

 

【関連記事】

デートで飲まないのはナシ!? 「お酒が飲めなくても彼に脈アリ」と思わせる方法

それがなきゃいい女なのに…!男性がデート中に感じる「残念女子行動」3つ

ありえない…と男性がドン引きしている可能性大!「初デートでうっかりやってしまうNG言動」3つ

やってしまうと格下げ確実!? 男性が嫌う「食事でのNG行動」って?

どのリアクションが正解!? 「彼にされたらドキっとする行動への反応」とは