closet

あなたは素質アリ?ただ言うこと聞くだけじゃNG「愛され妻になる方法」3つ

愛するよりも愛される付き合いの方が楽、なんて噂、耳にしたことありませんか?

確かに男性の愛が強い方が、変に背伸びをしなくていいし、付き合っていて安心感があるのは大きなメリットかも。

特に結婚となると、長い付き合いになるので、どうせなら愛され妻として幸せな家庭を築きたいですよね。

そこで今回は芸能人の仲良し夫婦を参考に、愛され妻になる方法を考えてみました。

 

相手にとって無くてはならない存在を目指せ!?

『株式会社ウエディングパーク』が20~30代の女性128人に「愛妻家に関する調査」を実施。「愛妻家の旦那がいて羨ましい、と思う女性芸能人を教えてください」と聞いたところ、最も多かったアンサーは「北斗晶さん」で35票。続いて「木下優樹菜さん」が21票でした。

確かにお二人とも旦那さんと、とっても仲が良さそうですよね。また、お二人とも女性の方が主導権が強い、というのは気になる共通のポイントです。

もしかしたら愛され妻になるためには、男性から「●●がいなきゃダメだ!」と、思わせることにヒントがあるのかもしれません。

 

愛され妻になる方法3つ

そこで今回は、北斗晶さんと木下優樹菜さんなどの愛され妻が持つ“素質”を参考に、愛され妻になる方法を考えてみました。

 

(1)リードできる積極性がある

最近の男性は草食系が多く、恋愛問わず受け身な人が少なくないもの。

そのため多少肉食でも引っ張ってくれる女性の方が、男性は「上手くやっていける」と考えて、異性として意識しやすいのかもしれません。

仕事、趣味を通じて、少しでも積極性を磨いて、自分のなかの肉食部分を目覚めさせてみては?

 

(2)力強さと頼もしさがある

いまや「これをしていれば大丈夫」という確かなものがない時代です。一緒にいて少しでも安心感が得られる異性に、男性も結婚を考えやすいのかも。

実際、仕事の悩みを抱えている時、「大丈夫だよ!」「まあそういうこともあるある」と、力強く後押ししてくれる異性の存在って大きいですよね。

いまや男性並みに仕事をこなす女性は少なくないので、苦労が分かち合えのは男性にとって有難いのかもしれません。

 

(3)自然体を大切にする

背伸びをして彼の世話役を引き受けても、関係に無理が出てしまいます。上手く行っている夫婦あるいはカップルは、あくまでも自然体に付き合っているもの。

良いところと悪いところを認めたうえで、相手を尊重してあげる姿勢はくれぐれも忘れずに。男性はそんなあなたの温かみに、より信頼を寄せるようになるのでは?

 

ほかにも一緒にいて笑顔が絶えないというのも、お二人に共通するポイントかも。

北斗晶さん、木下優樹菜さんのように温かい家庭に憧れるなら、日頃からちょっとこうしたポイントを意識してみては?

 

【参考・画像】

20~30代女性の「愛妻家」に関する実態調査 – 株式会社ウエディングパーク

※  IVASHstudio / shutterstock

 

【関連記事】

結婚前提となると変わる!? 「パートナーに譲れない条件」って?

北川景子も見極めた!? 「結婚してよかったと思える人を見つけるポイント」って?

結局女性の負担大!? 「彼との同棲生活を成功させる秘訣」2つ

結婚しやすいわけじゃない!? ひとりの人と長く付き合うメリット3つ

気が付いたらフラれてる!? 「彼氏にすぐ飽きられるNG行動」3つ