closet

男性は胸がとにかく好き!? 「マシュマロおっぱいを手に入れる方法」2つ♡

彼との勝負! バッと脱いで、大胆に攻めたいところですが、あいにく胸が小さく、申し訳なさを感じながらも、毎回応じている人も多いのでは?

もっとぷるるんとした豊満なバストがよかったで……なんて諦めるのはまだ早いかも?

そこで今回は、『株式会社主婦の友社』の美乳研究チームが実施した「女性のバストケアと夜ブラに関する意識調査」を参考にしながら、キレイなお胸になる方法をご紹介♡

 

96%の女性が悩んでいる!

『株式会社主婦の友社』の美乳研究チームが実施した「女性のバストケアと夜ブラに関する意識調査」によると、女性の悩みとして最も多かった回答が「サイズが小さいこと」(44%)。続いて「バストの垂れ」(39%)を気にしている人も意外と多く、1位2位ともに胸に関するお悩みでした。

ちなみに、男性が女性のパーツで惹かれるのはダントツで「顔」(50%)であるものの、その次に多かった回答が「胸」という結果に。

やはり、どんな時代になろうとも日本人男性は、胸がたまらなく好きなようですね。

 

目指せ、美胸♡今日から始められる胸活

(1) 寝ている間も下着をつける

バストアップを目指すなら、お助けグッズをどんどん活用しましょう。ナイトブラはいろいろな種類がでていて、寝ている間にバストアップできると評判が立っています。

本格的に目指すなら、胸をたらしたまま寝るのではなく、きゅっと引き締めてから横になったほうが翌朝起きたときの胸の仕上がりが全く違うのかも!?

 

(2) 正しい姿勢をキープする

毎日、デスクワークをしていると、どうしても前傾姿勢が当たり前になってきて、気を許すと猫背になってしまっています。これでは骨盤も歪み、胸がたるむ原因に。

できれば仕事中も1時間おきくらいに腕を伸ばしたり、背筋をピンと伸ばすなど、軽いストレッチを挟んでいきましょう。

 

いかがでしたか?

いきなり、ぼい~んとバストアップはできなくても、努力次第では、ふんわり仕上げることはできるかもしれません。

最初から諦めるのではなく、専用の下着を使ったり、日頃の習慣を改めたりと、コツコツと努力してみましょう♡

 

【参考・画像】

※ 「女性のバストケアと夜ブラに関する意識調査」-株式会社主婦の友社の「美乳研究チーム」

※ carlo dapino / shutterstock

 

【関連記事】

睡眠不足おブスになってない?「睡眠の質を高める温活」とは

残業が増えたら太る!? 「働き女子がダイエットのために心がけたいこと」って?

目指せヘルシーボディ♡モデルが教える「健康に痩せる」ダイエット術って?

キレイなロングヘアも夢じゃない♡「毎日の簡単ヘアケア」3ステップ

最近食べ過ぎてない?美容ライターが教える「簡単胃腸ケア方法」3つ