closet

えっ…純日本人なの!? モデル直伝の「外国人顔メイク」がすごい♡

女の子にとって、とっても大切なメイクアップ♡ 細かい気遣いで誰でも可愛くなれちゃう♡

私はハーフでもクウォーターでもなく純日本人ですが、ハーフメイクを日々研究し、実践しているため、

「ハーフ?とか英語しゃべれそう!」と言われることが多々あります。

今回は、モデルもこなす筆者が、そんなハーフに間違えられちゃうような“エキゾチックメイク”方法をレクチャーします♡

61947f8c-c553-47e3-bd3d-f4b9ae6b7d87

 

●●感を出すベースメイク

まずはベースメイク。私はファンデーションをしないのですが、日に焼けやすいため、普通よりは褐色肌です。

この“褐色”がエキゾチックになるための重要なポイントなのです! もちろん元々白肌の人も大丈夫。

しっかり“シェーディング”を入れて、立体感を作ることが重要です。

 

1f621086-dc72-4eb1-b1af-cc639502c3be

上の写真の、紫で囲ってある三日月ゾーン。ここをシェーディングしましょう。

顔周りをシェーディングすることで立体感が出るとともに、小顔効果も得られますよ。

 

印象を決めるアイメイク♡

続いては一番重要な“アイメイク”。

 

3430cb7d-2941-4e2b-acd7-bb1de894b747

画像のように、目尻からオーバーしたキャットラインをひきましょう! その際、目頭からではなく、黒目の終わりくらいのまつげのキワ~目尻にかけて引くのがポイントです。

目頭から引くよりも目尻が強調され、切れ長な印象にすることができるんです!

 

ここでひと手間の付け足しライン

そして、もう1つ重要なのが“付け足しライン”。

bc47c5b5-e289-4966-9b1b-11f21af82e09

写真の白いラインのように、“目頭切開ライン”と“粘膜ライン”を引きましょう。その際、ぼんやりとぼかした感じのラインが引けるので、ペンシルライナーを使うのがオススメです!

粘膜のラインは5mm〜1cmくらいだけ引けばok! “目頭切開ライン”でより切れ長に、“粘膜ライン”で立体感を出しましょう。

8a50ef94-5725-4285-89b6-31c292de75aa

そうすると鋭いセクシーなエキゾチックアイが完成♡

目力が出るので、写真うつりも抜群に良くなりますよ!

 

彫りの深さを強調♡アイブロウ

続いてはアイブロウ。エキゾチックに近づけるためには、彫りの深さが大事です。

しかし彫りの深さは作れるものではありませんよね……。ならば、深く見せればいいんです。

まずは太めの眉できりっとメリハリを付けるのが重要。

58557014-a7ab-4f73-baad-876651ed3b94

写真の紫のラインのように、眉頭から少し上に向かっていき、黒目を通過したら少し下に向かって下げていく。

角度をつけすぎるときついお顔になってしまうので、角度は緩やかに、でもメリハリを!

そして、ここでも“立体感”を出していきます。アイブロウパウダーでノーズシャドウを。

画像の白い斜線の部分を眉頭から鼻先に向かってぼかしながらシェーディングしましょう。

色の濃すぎるものを使うとやり過ぎ感が出てしまうので注意!

 

仕上げはリップ♡

エキゾチックメイクを完成させる最後のアイテムは“リップカラー”です。

ピンク・オレンジ・レッドどれでも大丈夫です! ただし大事なのは“濃さ”。

ヌーディーなものだとアイメイクが強調されすぎて“ギャル”になってしまいますので、ビビットな濃い色のリップカラーを選びましょう!

b3689ce3-8557-4871-9313-4720c5c4f0ca

画像では濃いピンクのリップを使用しています♡

これでエキゾチックメイクが完成!

 

いかがでしたか?

エキゾチックメイクで重要なポイントは、本文でも何度も伝えてきた、“立体感”と“メリハリ”でした!

目の大きさや瞳の色、鼻の高さは生まれ持ったもの。

変えることはできないので、メイクで作ればいいんです♡

メリハリをつけて立体感を出せば、誰でもエキゾチックフェイスになれるんです♡

これをマスターすればみなさんもハーフと間違えられちゃうかも!?

 

【関連記事】

プロに聞いた!春の注目カラーを使ったメイクプロセスを写真付きで解説♡

これからは賢く男ウケ♡GUアイテムでつくる「最旬モテコーデ」3つ

脱おブス写真!モデルが教える「写真うつりを格段に良くするテク」とは

使うのはコテじゃない!? プロに聞いた「今っぽふんわりウェーブの作り方」って?

みんな同じ顔…!? 「おフェロメイクをもっと可愛く仕上げる裏ワザ」3つ