closet

げっ…勘違いされてる!? 男性に聞いた「本命と義理の境界線」って?

「よかったら、受け取ってください」

そんな軽い気持ちで手渡した義理チョコ。値段も安いし、まさか誤解するはずもない……とあなたは思っていても、相手はホワイトデーから始まる淡い“恋”を期待しているかもしれません。

そこで今回は、独身男性に“義理チョコ”と“本命チョコ”を判断するときの基準について、インタビューしてみましたよ。

 

女性が考える本命と義理の境界線は「金額」だった!

『株式会社リサーチ・アンド・イノベーション』が全国の20~39歳の女性を対象に行った「バレンタインデーの購買チョコレートに関する調査」によると、義理チョコと本命チョコの金額にバラつきがあることが明らかに……!

購入したチョコレートの平均金額が、義理は605円に対して、本命は1,151円。なんと2倍以上のお金をかけていることがわかったのです。

ちなみに、未婚女性と既婚女性で分けてみると、本命チョコは1,115円(既婚)、1,262円(未婚)。義理チョコは647円(既婚)、義理516円(未婚)という結果に。

女性が無意識のうちに購入している義理と本命の境界線は、チョコレートの価格が1,200円前後であることといえるのかもしれませんね。

 

男性に聞いた!“本命チョコ”を見分けるポイントとは?

でも、女性からいただいたモノの値段をこっそり調べて“本命”“義理”を判断しているワケがないし……。

「男性は何を基準に“本命チョコ”を見分けているの?」

ズバリ独身男性たちに疑問をぶつけてみたところ、男女の違いが浮き彫りになりましたよ。

 

(1)手作りのお菓子である

「チョコの金額よりも、どれだけ手をかけてくれたかの方が重要だよね。『甘いモノ苦手?』って事前リサーチされてチョコ以外のものを渡されると、より本命度が高まる気がする」(26歳・金融)

「俺のために一生懸命作ってくれたって思うだけで嬉しくなっちゃう」(29歳・メーカー)

男性にとって本命チョコの最大の基準は、手作りであるかどうか。喜んでもらえるし、低予算だし……なんて理由から、義理チョコに手作りチョコを配った女性は、その気がなかった彼を勘違いさせてしまった可能性があるかも!?

 

(2)手紙付きである

「同じ義理チョコを配っているのを知っていても、ぶっちゃけ手紙が入っていると『俺だけかな?』と期待してしまう」(25歳・公務員)

「『いつもありがとうございます』って一般的には脈なしのコメントなんだろうけど、もしかして……とどこか期待している俺がいる」(30歳・保険)

いつもお世話になっている上司に「ありがとうございます」「これからもよろしくお願いします」と感謝の気持ちを込めて渡した義理チョコ。

実はどこかで恋を期待している男性がいるかもしれません。「今度飲みに行かない?」なんて声をかけられたら、要注意ですよ。

 

(3)チョコ+αだった

「かなりフランクに話せる同僚の女性に、そこそこの値段のチョコと日用品をもらって、どう反応したらいいのか戸惑ってる」(26歳・広告)

「独身女性のお客さんに『コレ、受け取ってもらえますか?』ってゴディバのチョコとキーケースをもらってかなりテンション上がった。今度来たとき、こっそり連絡先渡そうか迷ってるんだけど、いいかな?」(29歳・美容師)

チョコレートの値段というよりも、彼女のセンスを感じる+αのプレゼントの有無で“本命度”を判断している男性も……。

たとえボールペン1本程度のプチギフトでも、相手に特別な感情を抱くことがあるようですよ。

 

男性に取って義理と本命の境界線は、値段ではないことが明らかになりました。

バレンタインデーを振り返ってみて、「もしかしたら勘違いさせてしまったかも……」と心当たりのある女性は、これを機会に異性との接し方を見直してみてはいかがですか?

 

【参考・画像】

「バレンタインデーの購買チョコレートに関する調査」 – 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション

※ Diana Indiana / shutterstock

 

【取材協力】

※ 20~30代の独身男性

 

【関連記事】

冷たい態度=脈なしサインじゃない!? 男性に聞いた「好きな人にそっけなくしてしまう理由」って?

もしかして復縁狙い…!? 男性に聞いた「元彼が送るヨリを戻したいサイン」3つ

ホワイトデーに対しては適当!? 「ちょっと適当な男性の本音」とは

みーんな下心あり!? 「飲みに誘うオトコの下心」を見極めるポイント

どんなに可愛くてもナシ!「初デートで話しちゃいけないNG話題」3つ