closet

とにかく職場で敵を作らない!「出来る女の苦手な人かわし術」とは

「営業マンは“苦手なお客”を持ってはいけない!」

なんて厳しい言葉がありますが、やっぱりそりの合わない相手の1人や2人はいるもの。

ルックスや話し方、性格、ちょっとした癖など、相手の欠点がクローズアップされてしまうことがありますよね。

今回はそんなシーンが多数起こりえる新生活に役立つ仕事術をご紹介。

 

苦手な人が居ないなんてない!?

『エン・ジャパン株式会社』が全国の女性956名を対象に行った「職場での出会い」をテーマにしたアンケート調査でも、95%が「今までの職場に苦手な人がいた」と回答したことがわかっています。

でも、嫌いだからといって、ビジネスシーンではまったくお付き合いしないワケにはいきません。ストレスなく相手と向き合うコツはないのでしょうか?

 

出来る女のかわし術♡

先ほどご紹介した調査結果を参考に、デキる女がこっそり実践している“人付き合いのポイント”をピックアップしてみましたよ。

出来る女はみんな上手に苦手な人をかわしているようです・

 

(1)ビジネスだと割り切る

「相手を変えることはできないので、自分の考え方や気の持ちようを変えるしかない」(32歳)

「その人に関わるのも給料のうちだと思うようにする」(36歳)

「苦手な人でもプライベートで付き合うことはないので、割り切って仕事するのが1番」(37歳)

どんなに苦手な相手も、上司や部下、同僚、取引先など、あくまでもビジネス上のお付き合いだと割り切ること。

家族や恋人のように、これから先もずっと一緒にいるワケではない……と言い聞かせれば、ちょっと気が楽になるかもしれませんね。

 

(2)苦手だと思ったら、とりあえず距離を置く

「積極的に接するでもなく、避けるでもなく、付かず離れずの距離を保つ」(24歳)

「相手の話をよく聞き、自分の意見を押し通さない。社内では絶対に悪口を言わず、適度な距離を保つ」(30歳)

「自分のプライベートの事は一切話さない、相談しない。他人の悪口など絶対に言わない」(34歳)

移動時間や残業中など、一緒にいる時間が長くなると、どうしてもプライベートな話をしてしまいがち。

でも、うっかり自宅に足を運んだり、家族ぐるみの付き合いを始めると、面倒なトラブルに巻き込まれることも……。

あくまでも、“ビジネス上のお付き合い”であることを忘れずに、苦手な人とは一定の距離感をキープしておいた方がよさそうですよ。

 

(3)冷静・客観的になる

「なぜその人がそのような言動をとるのか、自分なりに分析してみる。どちらかだけが悪いということは、あまりないので、自分自身の在り方も考えてみる」(35歳)

「価値観の違う人は、なぜそうなのか想像力を膨らませる勉強になり、自分自身が成長するための最高の師匠であると思います」(44歳)

相手の意見をすべて受け入れようとしたり、感情的になって反論しても、イイことはありません。

苦手な相手を見つけたら、“反面教師”として自分にプラスになることを考えましょう。

冷静になってみると、今まで見逃していたウィークポイントが見つかるはずですよ。

 

いかがでしたか? ドキドキの新生活に向けて、あなたの振る舞いが試されるとき。

できるだけ敵が少ない環境の方が、ビジネスはうまくいくものです。

今回ご紹介した3つのポイントを抑えて、誰からも愛される“デキる女”の仲間入りをしてみませんか?

 

【参考・参考】

「職場での出会い」 – エン・ジャパン株式会社

 

【取材協力】

※ 20~30代女性

 

【関連記事】

上司にイラっ…!タイプ別「仕事ストレスを解消する方法」とは

仕事もオシャレも完璧でいたい♡「コーデをデキる女に仕上げるコツ」3つ

何個当てはまる!? 恋愛や仕事がうまくいかない「不満をためやすい女性」の特徴

あなたは大丈夫!? 職場で敵を作る「残念キャリア女子」の特徴

当てはまってない?男性に聞いた「美人でも本命になれない残念女子」の特徴