closet

ソムリエが教える!飲んだ後の「ラーメン食べたい」を回避するダイエット方法

遅めの時間までお酒を飲んでいると、つい夜中にラーメンを食べてしまって翌朝後悔することがあるかもしれません。

翌朝顔がむくむし、お腹もぽっこりするし、いいことがないのに酔っているとつい自分に甘くなってしまうんですよね。

ソムリエの筆者が飲んだ後の「ラーメンが食べたい」を回避するダイエット方法について解説します。

shutterstock_386489908

 

飲んだ後にラーメンが食べたくなるのはなぜ?

お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解する……というのは聞いたことがあるかと思います。

アルコールを分解する際に糖分や血糖値が下がった結果として体が炭水化物を求めるとされています。

他にも、アルコールの利尿作用による水分不足で体が汁物を欲するとされています。

そのため、飲んだあとにラーメンの汁まで飲み干したくなってしまうのは理に叶っているんですね。

だからといって毎回深夜にラーメンを食べていては太りますね。深夜のラーメンを避けるのはどうしたら良いのでしょうか。

 

食事をきちんと摂る

きちんとコース料理や定食を頂いた後にラーメンを食べたくなることがないように、深夜にラーメンが食べたくなるときは「お腹が空いている」ということがあります。

お店に飲みに来るお客様を見ていても、中途半端に食べて空腹を感じた結果「締めにラーメンに行こう」と言ってお店を後にされる方が多かったです。

ダイエットを気にして中途半端につまみを少し食べるだけ……という状態で飲んでいると、酔った勢いで食欲が爆発してしまうことがあります。

ストレスが溜まるくらいなら、飲み会の最初からしっかり食べてしまった方が良いのです。

 

味噌汁を飲む

飲んだ後に塩分や汁物を欲するのは、体内のカリウムとナトリウムのバランスが崩れていたり、アミノ酸が不足している可能性も高いです。

そこでオススメなのは“お味噌汁”。体内のバランスを整えてくれます。

できれば自分で作って塩分薄めにするのがベストですが、ポイントは薄めで飲むこと。

カップのお味噌汁ならお湯を多めにしたり、外食なら薄めて飲む方が翌朝むくみにくいですよ。

 

大事なのは「ラーメンを食べたくならない飲み方」をすること。

おつまみはしっかり栄養があるものを食べ、お酒と同量以上のお水をしっかり摂っておくと悪酔いやむくみ防止にも効果的です。

少し飲み方を変えるだけで翌日の顔や体型にも差が出ますよ。

 

【画像】

※  glebTv / shutterstock

 

【関連記事】

あなたは嫌な先輩になってない?ソムリエが教える「お酒の席でのNG行動」3つ

デートで飲まないのはナシ!? 「お酒が飲めなくても彼に脈アリ」と思わせる方法

これだけで痩せられる!? 新生活に始めると「効果的なダイエット習慣」って?

残業が増えたら太る!? 「働き女子がダイエットのために心がけたいこと」って?

目指せヘルシーボディ♡モデルが教える「健康に痩せる」ダイエット術って?