closet

ローラも夢中♡今更聞けない「HUNヘアの作り方」とは

今、海外ガールズやローラが夢中の“HUNヘア”を知っていますか?

ここ数年美容師業界では、ダウンスタイルが定番化していましたが、最近は一般の子達も出来るゆるアレンジが大流行!

HUNヘアは、Half-Bunの略で、“ハーフアップお団子ヘア”を指します。

そこで今回は現役美容師である筆者が、簡単に出来るHUNヘアの作り方をご紹介します!

今回はボブヘアの紹介ですが、髪の毛の長さ関係なく出来るスタイルなので、是非参考にしてみて下さいね♡

unnamed-20160413111345-500x334

 

超簡単なセルフHUNヘアの作り方♡

(1)ベースを整える

unnamed-1-20160413111522-500x375

まずは、全体を32mmのコテで内巻きに巻きます。その時、少し外巻も混ぜると仕上がりがラフになって可愛いです。

髪の長さがもっと短い方は、26mmのコテを使用してもオッケー。上級者はストレートアイロンで波巻きしたベースを作るのもオススメ。

 

(2)ラフにお団子部分を分ける

unnamed-2-20160413111902-500x375

頭のハチ(横に出っ張ってる所)でジグザグに分け取ります。この時ハチより上すぎると、仕上がりのお団子のサイズが小さくなってバランスが悪いので注意して!

ジグザグにラフに取り分けるのが今っぽく仕上げるコツです♡

 

(3)ゴムでお団子にまとめる

unnamed-3-20160413112325-500x375

毛先は出さずに、折り曲げる感じに仕上げます。お団子のサイズ感をみながら、ゴムでまとめてみて下さい。

髪の毛が短い方は、ピンを使用しても良いですが、ラフさがポイントなので、すこし乱れてるかも? くらいでオッケーです!

カラーゴムを使うとより可愛く見えるかも♡

 

(4)仕上げ

unnamed-4-20160413112839-500x375

ワックスなどのスタイリング剤で、まとめていない下の毛をラフに揉み込みます。そうすることでクシャっとしたシルエットに。

束感を作ってランダムに毛先を散らしてあげましょう!

トレンドのウェット系のスタイリング剤を使って、束感を強めに出すと、オシャレな雰囲気に♡

 

いかがでしたか?

簡単すぎるヘアアレンジが、ラフで可愛いHUNヘア。カジュアルなコーデはもちろん、かっちりコーデの抜け感作りにもなります♡

このアレンジをする時は、頭の真ん中より下のアンダーセクションのカラーを変えたりしてみるのも、バリエーションが増えてオススメです!

是非みなさんも、明日挑戦してみては?

 

【関連記事】

今っぽいアレンジはコレ!美容師が教えるローポニーテールのやり方♡

ちょっとルーズな雰囲気がモテ♡「おフェロなハーフアップアレンジ」のやり方

自分で出来る♥美容師が教える「ぎゃくりんぱお団子アレンジ」のやり方

ピンとアイロンだけでできる♥抜け感が可愛い「シースルーバングアレンジ」ってどうやるの?

使うのは100均でも買えるアイテムのみ!美容師が教える「5分で出来るヘアアレンジ」テクニック♥