closet

実は簡単♡美容師が教える「正しいブロー方法」とは

最近は、ヘアケアに興味がある方が増えていると実感しています。

オシャレが大好きな方は特に、カラーの頻度も多く、髪のダメージが気になるようです。

女性の髪の毛はやっぱり綺麗が1番! そこで今回は美容師である筆者が、とっても簡単なブローの方法をご紹介♡

自分でサロンの仕上がりを再現できるようになること間違いなしです。

 

正しいブローの仕方

 

(1)タオルドライを念入りに

image3-20160414172340-500x375

まずは、髪の毛全体をブラシなどでとかします。濡れている髪はダメージを受けやすい状態でもあるため、とかすのが重要!

そして優しくタオルドライをします。洗ったあとすぐに乾かし始めましょう。少し放置してしまうと、癖も取りにくく、艶も出しにくい状態になってしまいます……!

何事も最初のベース作りが肝心です♡

 

(2)トリートメントをオン♡

流さないトリートメントを毛先〜中間にまんべんなく塗布します。様々なトリートメントがありますが、自分の髪質に合わせて選んで下さい。

例えば、ダメージが目立つ方、癖毛、乾燥毛の方はオイル系がオススメ。そして、黒髪、猫ッ毛、パーマ・縮毛矯正をかけている方はクリーム系がオススメです。

 

(3)ドライ開始!

image2-20160414172343-500x375

ただ乾かすのではなく、美髪に仕上げたいなら乾かす順番がとても重要です。

流れは、“前髪→サイド→バック”の順で乾かします。

毛先は乾きやすいため、先に乾かし始めるとオーバードライでダメージになってしまうので、最初は根元を中心にドライ。

また前髪から乾かすのは、乾いてからだと型が付きにくく、修正がしにくい為です。まず先に気になる顔周りから始めるのがオススメです。

 

(4)冷風に切り替え

髪の毛は冷やしてキープすることで、スタイルが断然長持ちします!

そのため、全体がしっかり乾いたら冷風に変えてドライしましょう。この時なるべく上から撫でるようにドライするのが綺麗に乾くポイントです。

髪の毛の艶を出すイメージでドライしてみて下さい。

 

(5)仕上げにトリートメントでまとまりを♡

image1-20160414172346-500x375

最後は流さないトリートメントを付けたら完成です! 仕上げは艶感が出るオイル系のトリートメントをサッと付けるのがオススメですよ♡

 

いかがでしたか? 何事もベースが大事なんです。「髪型がうまく決まらないな……」なんてこと良くありますよね?

いくら巻くのが上手くても、ベースが整っていないと上手く巻けなかったり、思った通りに仕上がらなくなるものです。

髪の質感もドライで決まってくるので、適当に乾かすのは今日でおしまいにしませんか?

手順を1度覚えるととっても簡単なので、是非マスターしてくださいね♡

 

(POOL 小松崎慶久)

 

【関連記事】

もう色抜けた…を解消!美容師直伝「お気に入りのカラーを長持ちさせる方法」って?

色んな雰囲気出したい♡美容師が教える「最旬ウェットミディスタイル」3つ

美容師が教える♥休日にしたい「あえてのちょいボサお団子ヘア」の作り方

えっ…純日本人なの!? モデル直伝の「外国人顔メイク」がすごい♡

プロに聞いた!春の注目カラーを使ったメイクプロセスを写真付きで解説♡