closet

ナシ婚もあり!? なかなか聞けない結婚式事情が判明

女性にとって“結婚”は一つの大きな目標。

もちろん、あえてこの道を選ばずに自分らしく生きている素敵な女性もたくさんいらっしゃいます。

ただ、どんなに時代が移り変わろうとも、ウェディングドレスを着たり、みんなから祝福してもらえたりする自分をふわふわっと思い描いてしまうものですよね。

最近では“ナシ婚”といって、あえて結婚式を挙げないカップルも増えてきているようですが、実際はどういった状況なんでしょう?

そこで今回は、楽天リサーチ株式会社が実施した「結婚式に関する調査」を参考にしながら、20代30代女子が気になる“結婚式事情”をご紹介してまいります。

shutterstock_353236964

出典:http://www.shutterstock.com/

 

8割のカップルが挙式を実施している!

楽天リサーチ株式会社が実施した「結婚式に関する調査」によると、結婚したことがある人に対して挙式や披露宴の有無について聞いたところ、8割のカップルが実施していることが明らかに。

ちなみに項目別にみていくと、挙式(80.7%)」、「披露宴(72.9%)」、「両家の顔合わせ(食事会)(71.0%)」という割合になりました。

「ナシ婚」という新しい選択肢がブームになりつつあるとはいっても、やはり結婚するからには、みなさん挙式を挙げて、新たな生活に向け一つの区切りをつけているようです。

ちなみにフォトウェディングはしてみたい?という質問には、未婚の女性20~30代のうち6割以上が興味をもっている様子。ちなみに20代~30代の男性は40%。男性よりも女性のほうがフォトウェディングに対して強い関心を抱いているみたいですね。

 

フォトウェディングが人気

(1) 結婚式当日に使える!

結婚式を実施するにあたって、いろいろと二人の写真が必要になります。たとえば会場入り口に立てるウェルカムボードや二人の慣れ染めを紹介するDVDなど、意外と写真を使う機会が多いですよね。でも、自分たちで撮影した写真だとオシャレというよりも“庶民感”がでてしまって、会場の雰囲気とうまくマッチしません。

結婚式だけでなくフォトウェディングも同時に行えば、キレイな写真を撮ってもらえて、結婚式当日にゲストの皆さんへお披露目できます。「オシャレな結婚式をしたい!」と熱望している女子には、フォトウェディングがおすすめ。

 

(2) 結婚式は挙げられなくても……。

挙式を挙げるカップルが圧倒的に多いとはいっても、やはりそれぞれの事情があり、なかには貯金が貯まってから結婚式を挙げたいと考えるカップルもいるでしょう。

フォトウェディングであれば、結婚式を挙げるよりも安く費用を抑えることができて、なおかつドレスも着られるので、これからの生活に向けて貯めておきたかったり、出産を控えていて結婚式が挙げられないカップルでも、手が伸ばせる方法です。

 

20代30代は「結婚」という二文字に敏感な時期。

彼とそろそろ結婚したいと思っているなら、一度、将来に向けて話し合っておくのもいいかもしれませんね。周りはともかく、二人が納得できるなら、どんな“結婚のカタチ”でも幸せな日々が続いていくでしょう。

 

【参考・画像】

※ 「結婚式に関する調査」 – 楽天リサーチ株式会社

※ Dmitry Sheremeta / shutterstock

 

【関連記事】

男性がこっそり明かす!プロポーズ間近の女性に送る「結婚しよう」のサイン3つ

言ったらアウト!? 彼氏が「コイツと結婚したら大変そう」と思う発言3つ

彼に一生愛される女になる♥仲良しカップルが大切にしている「記念日習慣」!

うわっ…エロい!と密かに男性がドキドキしている仕草3つ

コイツはもういいや!男性が縁を切りたくなる女性の言動チェックリスト