closet

ケンカは浮気のもと!?彼とケンカしたときの正しい対処法

楽しいデートのはずだったのに、些細なことでケンカになってそのまま帰宅……でも、自分から謝るのは絶対にイヤ! そんな経験、女子なら誰しもあるのではないでしょうか。

ところが、男性が浮気をしてしまうきっかけとして、「彼女とケンカしたとき」が理由として多いことを知っていましたか?

謝るタイミングを逃しているうちに、ほかの子に取られてしまった!なんてことにならないために、元女探偵の筆者が彼とケンカしたときの正しい対処法について解説します。

ケンカは浮気のもと!?彼とケンカしたときの正しい対処法

出典:http://www.shutterstock.com/

 

どうして怒っているかをはっきりさせる

カップルがケンカしたとき、たいがいの男性はなぜ彼女が怒っているのか理解できていません。

何だか分からないけど、急に怒りだして面倒くさいな……と思っていたり、「何でこの子不機嫌なんだろう?」と分かっていなかったりすることがほとんどです。

一方の女子は「私の気持ち分かってよ」と思うので、いつまで経っても平行線です。

ここでケンカを長引かせないために大事なのは、「私は◯◯について怒っている」ということをはっきりさせること。そうすると、彼もどうしていいか解決策が見えてくるので仲直りしやすくなります。

自分から謝るなんてイヤ!という女子でも、この伝え方ならできるのでは?

「私はこういう理由で怒っているんだけど、どうしたら良いと思う?」と彼に聞いて、答えを見つけてもらえるよう頼るのがオススメです。

 

早めに謝る

どんなにプライドが許さなくても、やっぱりスパっと謝ってしまうのがベスト。

謝りにくいと、ついケンカの話をスルーして普通にまた誘えばいいかな?と考えたくもなります。

ですが、それだと男性からすると筋が通っていないので納得がいかないのです。怒った理由と解決策を提示することで、受け入れやすくなるのが男性脳だということを覚えておきましょう。

また、女子はガーッと感情をぶつけるとすっきりしてすぐにケロッとする子が多いですが、男性はそうではありません。気持ちの切り替えには時間がかかります。しかし、男性は怒りが持続すると時間が経てばたつほど愛情が冷めてくる人が多いので、遅くても1週間以内には謝るようにしましょう!

どれだけイラッとしても、自分から謝ることができる女子のほうが男性を立てられる賢い愛され女子です。可愛く謝って「怒って悪かったな」と彼に思わせるくらいでいきましょう!

 

【画像】

※ Shutterstock / Alena Zamotaeva

 

【関連記事】

あなたは言う?言わない?「彼とケンカしないための心がけ」3つ

気付けば気持ちが冷めちゃうかも!? 恋人とつまらないケンカをしないために心がけたいこと3つ

絶対に分かり合えない!男女で「ケンカの火種」になりやすい話題4つ

ずっと仲良しでいたい♡「彼との仲を深める3つの言葉」って?

えっ…そんなことしてるの!? オトコが彼女に内緒でコッソリとしていること4つ