closet

夏は喧嘩リスクが大幅アップ!? 彼を怒らせる女のNG行動って?

好きな人と一緒だと、ついワクワクしてしまう夏イベント。

でも、夏イベントって遠出したり、人混み等で疲れてしまうことも多いもの。

せっかくの楽しいデートが、返ってストレスになってしまわないように、ちょっと配慮が必要かもしれません。

今回は、そんな夏イベント時に気を付けたい、彼とのケンカリスクをご紹介します。

shutterstock_277598933

 

夏デートはケンカになるリスクが高い!?

『gooランキング』が発表している「夏に恋人とケンカした原因ランキング」によると、最も多かった答えは「花火大会の場所取り問題」で11.7%。

続いて「夏祭り混雑しすぎて休憩できない問題」が10.3%、「虫だらけのキャンプ場問題」が10.1%だったそう。

割合としては少ないですが、こうした問題がデートの雰囲気を盛り下げてしまっては勿体ないですよね。

 

夏デート時に気を付けたい彼とのケンカリスク4つ

彼と夏デートを思いっ切り堪能するためにも、イベント時に注意したい彼とのケンカリスクを挙げてみました。

 

(1)無理をしてデートをする

例えば夏祭り、花火大会といった場所は、大勢の人混みで溢れていますよね。

人混みに慣れていないと、そうした場所にいるだけでも疲れてしまうものです。

素直に「ちょっと休憩してもいい?」と甘えて、自分の気持ちを彼に伝えましょう。

そのまま我慢してしまうと、「つ、疲れた……」「あっつい!」と不満が溜まって、彼もそんなあなたの様子にイライラしてしまうかもしれません。

 

(2)彼に任せっきりにする

彼任せのデートだと、デートプランに不満を抱いてしまい、そうした様子が彼を不機嫌にさせてしまう恐れがありそうです。

デートはふたりで一緒に楽しむもの。普段は彼のリードでデートが進んでいくことが多いなら、「●●に行ってみない?」「●●はどこに行きたい?」と、あなたからも積極的にデートプランを練りましょう。

あなたの意欲的な態度に彼も嬉しくなって、イベント前からすでに楽しい気分に浸れるかもしれません。

 

(3)冷え性を彼のせいにする

車の移動時に、車内のエアコンの効きすぎが原因で、男女が言い争う光景って珍しくありません。

男性は女性に比べて暑がりな人が多いので、軽く羽織れるものを一着持っておくと良さそうです。

 

(4)不満をストレートに言葉にする

海まで行くまでの渋滞、夏祭り、花火大会の人混みで、ついイライラしてしまうこともあると思います。

でも、それを彼にぶつけてしまっては、彼も嫌な思いをしてしまいますよね。

ちょっとイライラしてしまっても、あまりストレートに不満を口にしないようにしましょう。

それこそ見るからに怒った態度では、相手は萎縮してしまいます。

「早く着くといいね♡」「すっごい人混み!」と、お互いに気持ちを共有することで、多少イライラは軽減するかもしれません。

 

いずれのポイントも夏デート時は、絶対に起こり得ることだと思います。

そんな時にどんな態度を取れるかで、彼もあなたの見る目が変わるかもしれませんね。

 

【参考・画像】

※ 夏に恋人とケンカした原因ランキング – gooランキング

 

【関連記事】

旅先でケンカするカップルは7割以上!未然に防ぐコツ3つ

試す価値あり!気になるカレに「後ろからハグ」してもらう方法3つ

「あ、ないわ。」かわいくても一発で恋愛対象外になっちゃう女子の失言3つ

彼以外に乗り換えたい人は衝撃の3割越え!キャリア女子たちの恋愛・結婚事情

成功率120%!?彼が思わずうなずく夏デートの誘い方5つ