closet

「やべぇ、結婚したい!」BBQで一人モテしちゃうコツ

梅雨明けはまだしていませんが、すっかり夏本番の陽気! 夏といえば、やっぱりBBQ。共同作業で異性との仲も深まるのが嬉しいイベントです。

ただ、面倒くさい準備や暑い日差しが苦手な女子にとってはちょっと億劫なイベントかもしれませんね。

男性から見ると、何もしないで座っているだけの女子は決して印象もよくありません。

そこで今回は、調理師免許とソムリエ資格を所持している筆者が、BBQで他の女子に差をつけてモテる料理テクニックについて解説します。

出展元:http://www.shutterstock.com/

 

下味をつけた状態で持参する

すでに完成した手料理を持参するのもよいですが、「途中まで下ごしらえしてきました」という状態の素材を出すのも料理上手で気の利く女子に見えます。

塩麹に漬けた塊肉やシーフード、オイルでマリネしてきた野菜などジップロックに入れて持っていくとかなり差がつくはず。

前々日くらいから豚のブロック肉に塩をすり込んでキッチンペーパーでくるんで冷蔵庫で寝かせておくだけでも、旨味の染みこんだ美味しいお肉になります。

ポイントはキッチンペーパーをマメに取り替えること。キッチンペーパーにくるんでジップロックに入れていけば、現地でアルミホイルに包んで焼くだけでカッコいいローストポークの出来上がりです。

 

調味料を持参する

ハーブソルト、ナンプラー、ケイジャンシーズニングなどちょっとお肉やシーフードにかけるだけで味がガラリと変わる調味料を持参するのもオススメ。

ここで重要なのは、調味料を決して新品の状態で持っていかないこと! 新品を買ったとしても、中身は必ず減らして「普段からよく使っています」感を出すのがポイント。

面倒なら、カットレモンを大量に持っていくのも良いでしょう。飲み物にいれたり、シーフードにかけたりと余すところなく使える上に、気配りが印象に残ります。白ワインやシャンパンなどのお酒と料理もレモンをかけると合わせやすくなりますよ。

 

いかがでしたか? 料理が苦手な女子にも簡単に取り入られるテクニックです。こっそり準備してバーベキューで1人モテしちゃいましょう。

 

【画像】

※ Shutterstock / Lucky Business

 

【関連記事】

女っぽさ必須♡「モテアクティブなBBQコーデ」が可愛い!

こんな女子はモテない!特徴・しぐさを徹底解析

「うわ、まじか…」アウトドア時にオトコがドン引きしている女子の行動4つ

あぁ!面倒くせえ…夏デートで「彼を幻滅させるNG行動」4つ

ちゃんと洗ってる?男子が幻滅する女子のあのニオイ