closet

セルフィーばかりはもう古い【インスタフォロワーを増やすコツ♡】

毎週月曜配信のclosetモデルズの記事リレー。第4弾のテーマは「インスタジェニックな写真を撮るコツ」。

第1回目は、ブランドプロデューサー・ファッションブロガーとして活動しているMIHOがお届けします!

みなさん、夏を楽しんでいますか?

気づけばもうすぐ8月。海に山にフェスにお祭りに……楽しいイベントが盛り沢山のサマーシーズンは、ついつい写真におさめたくなる、ハッピーなシーンが増えること間違いなし。

どうせSNSにアップするなら、おしゃれな写真を載せたいのが乙女心ですよね。

今回は私が最近ハマっている、簡単にインスタジェニックな写真を撮影するコツ3つをご紹介。

出典:http://my-closet.jp/

 

MIHOのインスタジェニックな写真を撮るコツ・3

(1)#IKEKABEの前で撮る

スクリーンショット 2016-07-23 13.39.04

出典:http://my-closet.jp/

せっかくおしゃれしてお出かけするなら、アウトフィットの写真はマストで撮影したい。

簡単にインスタジェニックな写真を撮影するなら、ずばり「イケてる背景を探す!」これだけなんです。

ただの白背景で撮影すると、コーディネートが違ってもあまり代わり映えしない印象に……。

せっかく撮影するなら、普段より少しこだわって素敵な壁を見つけて撮影してみてはいかが?

おすすめの#IKEKABEは、東京なら渋谷の宇田川付近。

この周辺はストリートアートが多く、また駅付近に比べると行き交う人も少ないためささっと写真が撮影できます。

 

(2)物撮りするなら真上から!

出典:http://my-closet.jp/

旅行の持ち物を撮影したり、お料理、テーブルの上に並べたディスプレイ……。

おしゃれに撮影するなら、ずばり真上からのショットがおすすめ。

お出かけ先では使えないテクニックですが……高さが足りないときは椅子の上に立って撮影すると綺麗に全体がおさまります。

自分の影も入りにくくなるので、簡単にバランスのよい写真が撮影できます。

くれぐれも椅子に立つときは転倒しないよう気をつけてくださいね!

 

(3)アウトドアシーンには広角カメラをチョイス

出典:http://my-closet.jp/

最近はスマホのカメラもかなり性能が良いので、スマホ一択という方も多いはず。

私もつい最近までスマホに頼りきりだったのですが、アウトドアシーンには広角で撮影できるデジタルカメラがあると本当に便利。

出典:http://my-closet.jp/

最近は色々なカメラが出てきているのですが、おすすめは自撮り機能があり、水中でも使えるもの。

水中で使えるものは高確率で広角レンズのため、自撮りでも4~5人は余裕で収まります。

スマホでの自撮りは自分たちの顔しか入らず背景は一切映りません。

なので、どこで撮影しても似たような写真になってしまいますが、デジカメを使うと背景までしっかり映るので思い出もしっかりと残せます。

出典:http://my-closet.jp/

こちらは友人の結婚式での写真ですが、自撮りにも関わらず、こんなに広範囲を撮影できるのはデジカメならでは。

 

いかがでしたか?

夏の思い出を素敵に彩るヒントになれば嬉しいです。

最近の傾向としては、セルフィーばかりになるよりも、オシャレなものや、全身を撮ってもらったショットを上げるのが良さそうですよ♡

今年も素敵な夏になりますように♡

 

【関連記事】

可愛くアクティブに♡夏はとにかく動きやすさが重要【夏恋アイテム・3】

今年はパンツスタイルが可愛い!絶対オシャレに見える♡【夏恋アイテム・3】

arガールのおフェロ顔はこのアイテムで作れる♡【モデル偏愛コスメ】

焦りは禁物!? ストレスフリーなスケジュールを組む方法【ダイエットマイルール♡】

意識を変えるだけ♡日々の生活での痩せポイントとは【ダイエットマイルール♡】