closet

男脳を徹底分析!同棲中の彼にもっと家事を手伝ってもらえるコツ3つ

大好きな彼とずっと一緒にいられる同棲。最初はただただ嬉しいですが、期間が長くなるとなにかと女子に不利な状況になりがちです。

例えお互い仕事をしている身でも、“家事は女性がするもの”と思っている男性は多いもの。「私ばっかり家事をしていて疲れる」と女子に不満がたまることによって喧嘩の原因になることも。

そこで今回は、元女探偵の筆者が、男女の脳の違いをもとに「同棲中の彼にもっと家事を手伝ってもらえるコツ」について解説します。

出典:http://www.shutterstock.com/

 

同時に複数のことをお願いしない

女性なら「ご飯を作りながら同時に洗濯機のスイッチを入れに行き、合間にスマホでSNSをチェック」くらいの同時進行はなんてことありませんよね。彼がただボーッとテレビを観ているくらいなら、テレビを観ながら掃除機をかけることくらいできるのでは?と考えがちです。

ところが、男性の脳はそんな機能がありません。それこそ「仕事のことを考えていると他のことができない」「ゲームしているから他のことができない」など女性からするとイラッとするような理由で家事ができなかったりします。そういうものだと把握して、「頼むなら1つだけ」を意識してみて。

 

何をするべきか細かく指示する

女子はつい「家事も察してやって欲しい」と思いがちですね。ゴミが溜まったら捨てる、電球が切れそうだったら買っておくなど……。

ところが男性は、察して気づいて何かするということがとても苦手です。「気づいて」を期待して不機嫌になるよりも「ゴミ捨ててきて」などシンプルに伝えるようにしましょう。

 

褒めて伸ばす

簡単なことでもとにかく褒めて感謝するのがポイントです。ゴミを捨ててきてくれて当たり前、ではなく「重いから男の人がやってくれると助かるなあ、ありがとう」「丁寧にお風呂掃除やってくれたからお風呂が綺麗で気持ちよかった!」など感謝+感想を伝えるとより効果的ですよ。

 

男女はそもそも全く違う生き物です。男性の脳はシンプルだからこそ「こうして欲しい」をきちんと伝え、家事をやってくれたら褒めるようにすれば素直にその通りに育っていきます。

特性を理解して、家事上手な彼氏に育ててしまいましょう!

 

【画像】

※ Shutterstock / Antonio Guillem

 

【関連記事】

別れない同棲をするためにやっておくべきこと3つ

同棲経験有の男性に聞いた!「ドン引きした彼女の生活習慣」3つ

あーうざい…甘いだけじゃない?「同棲生活で感じるストレス」3つ

結婚前に試しておきたい?同棲のメリット・デメリットとは

モデル実証済み♥オトコを本気にさせる○○って?[PR]