closet

【8月1日はカフェオーレの日】グリコ工場に潜入!工場系味ある男子を探しに行ってみた

「8月1日カフェオーレの日」

ということで、今回は『カフェオーレ』でおなじみのグリコ工場に潜入してきました!

こちらの工場は普段一般公開はしていないとのことですが、今回特別に見学出来たんです。

グリコ工場現場を見学することはもちろんですが、本日はこんなに美味しいカフェオーレを作っている人は、きっと味があるに違いない♡ ということで、味ある男子(※東京味ある男子)をハントするという裏目標もございます。

では早速行ってみましょう!

P1300220

 

いざ潜入です!

IMG_6894

まず、抗菌のために着替えて工場内へ!  味男子を見つけようと、目が本気です。

 

グリコ“カフェオーレ”が出来上がるまで

P1300185主流なコーヒー飲料はインスタントコーヒーを使ったものが多いなか、グリコのカフェオーレはドリップ式で作られています。

P1300173

約1時間じっくりと抽出させて出来ます。まずはそのコーヒーだけを試飲させていただきました。

P1300177

「に、苦いっ!濃いっ!」

カフェオーレは牛乳・無脂肪牛乳とコーヒーが50:50のバランスで作られているので、調合させた際にコーヒーの味がしっかりと残るよう、濃厚に作られていました。

毎日なんと100キロの豆から1,000キロのコーヒーが作られ、そこから10万本のカフェオーレが生産されているそうです。

 

夢のカフェオーレの大行列!

P1300200

牛乳と無脂肪牛乳を調合されてからお馴染みのパッケージに!

牛乳のみでは甘ったるく重くなってしまうため無脂肪牛乳も使われています。そのためカロリーも比較的抑えめなので女子には嬉しいですよね♡

 

出来たてのカフェオーレを試飲!

P1300213

本来は味を落ち着かせるためにも一日寝かせてから出荷されるカフェオーレですが、特別に出来たてを試飲させていただきました!

P1300214

おいしい! 安心感のあるほっとする味です!

疲れて一息つきたいときに飲みたい……。そして暑い夏の差し入れとしても嬉しいかも♡

 

パッケージはレトロ調で可愛い♡

IMG_6911

パッケージの形が特徴的なカフェオーレ。実はこの形状が使われているのは、カフェオーレのみだそうです!

とてもフォトジェニックで、一緒に何枚も写真を撮ってしまいました♡

工場で実際の工程を見学し、社員さんのお話も伺い、カフェオーレのこだわり、そしてその美味しさを実感!

 

今回のまとめ

P1300240

さて今回、工場見学は存分に楽しむことが出来ましたが、裏目標の味ある男子のハンターは失敗に終わりました。

よく考えてみたら、みなさんは防菌のため作業服で顔がわかりませんよね(笑) 。

 

でも、グリコのカフェオーレの美味しさの秘密も知れたので、良しとしちゃいます!

3時のひとゆるみに皆さんもカフェオーレを飲んでみてはいかがでしょうか♡

 

【参考】

※ グリコ「カフェオーレ」

 

Sponsored by 江崎グリコ株式会社