closet

大好きな彼と5年後もずっと一緒にいられる方法4つ

付き合っている人との数年後って、想像したことありますか?

まだまだ遊びたい……でも、できたら彼と結婚したいと思っている。そんな女子も多いと思います。

ただ、彼との数年後がちょっと想像できない……。

そんな時は、交際中にあることを心がけると、彼も同じようにあなたとの結婚を望むようになるかもしれません。

大好きな彼と5年後もずっと一緒にいられる方法4つ

http://www.shutterstock.com/

 

5年後も一緒にいられるカップルになる方法4つ

(1) 疑うよりも信じてあげる

「飲みに行くから」「ちょっと出掛けてくる」というカレのひと言に、不安を感じることってありませんか?

「え、誰と?」「何の用で?」と、ついカレを問い詰めるように聞いてしまう女子って多いはず。

でも、男性って気が置けない仲間と飲みに行ったり、プラッと買い物に出掛けることも少なくないものです。

それをいちいち詮索していては、「面倒くさい」と思われてしまいますよね。

多少の彼の行動は多めに見てあげて、「いってらっしゃい~」「飲み過ぎちゃダメだよ!」と送り出してあげた方が、彼はあなたに信頼されていると感じ、嬉しくなるでしょう。

 

(2)思い切ったデートをする

付き合いが長くなってくると、普段のデートにマンネリを感じることが多くなってくると思います。

そんな時は、普段しないデートを彼と一緒にしてみましょう。

たとえば登山、ダイビング、農作業、海外旅行など。ちょっと不安を感じることをやるのがオススメです。

多少のトラブルもふたりだからこそ乗り越えられると考えられれば、彼との絆はもっと深まるでしょう。

 

(3)彼の変化を尊重する

付き合っていれば、お互いに成長し、変わっていきます。

彼が付き合った当初よりも活発的になって、運動する趣味を持ったり、人付き合いの交流が増えることもあるはず。

そんな時、彼の変化に不安を感じるよりも、それを尊重してあげましょう。

あなたもひとりの時間を大切にしたり、友達との時間を満喫したりできれば、お互いにとっていい関係を築けるのでは?

 

(4)謝罪、お礼は欠かさない

付き合っていれば、ちょっとしたことで口論になったり、ケンカをすることもあって当然です。

でも、「親しき中にも礼儀あり」なので、悪いなと思ったらきちんと謝りましょう。

いくらお互いの気持ちが手に取るように分かるとはいえ、謝罪がなければふたりの関係にヒビが入ってしまうことも。

お礼も同様です。「ごめん」「ありがとう」と、思ったことは口にして、ふたりの信頼を培っていきましょう。

 

彼と長続きする関係を望むなら、少しでもオンリーワンを目指す必要があります。

そのためには、彼の一番の良き理解者になることが近道です。

こうしたポイントを押さえながら、ぜひ5年後も一緒にいられるカップルを目指してみてくださいね。

 

【画像】

※ Shutterstock / William Perugini

 

【関連記事】

夏でもつり革、つかめます。じんわりにじむワキの汗染みを一瞬で消し去る方法(PR)

モデルもやってる!寝起きの○○でスタイルキープできちゃう方法(PR)

ずっとずっと一緒にいたい!「パートナーとの恋」を長続きさせる秘訣

長続きカップルはどうしてる!? 負担にならないために「心がけたい連絡ルール」って?

いつも続かない短恋女子必見!「カップルが長続きする秘訣」3つ