closet

別れにつながる!男のプライドがズタボロになる2つのタブー

男というのは、プライドの生き物です。

常に自分のすごさを確認したがるし、周りと評価の差をひっそり悩むし、かと思えば、大事な人のために命を懸けて行動を起こしたり。

感情動物である女からしたら、理解不能な部分も多い存在。それが男です。

そんな彼らの最大の弱点はズバリ「プライド」。

ここが崩れると、どんな有能な男性も使えないボンクラ男子に成り下がります。しかし、多くの女性が無意識のうちに、この男性のプライドをズタボロに傷つけるフレーズを使っています。

「なんか分からないけど、気づいたらフラれていた」そんな経験のある女性は、もしかしたらこのタブーにふれてしまっているのかもしれません。

別れにつながる!男のプライドがズタボロになる2つのタブー

出典:http://www.shutterstock.com/

 

  間違いは指摘するべからず!

「えーでも、〇〇って××じゃない?」

ふとした相手の意見にかぶせてしまう否定+自分の意見。ビジネス上はそこまで問題になりませんが、プライベートの場合、男性への否定言葉は命取りになります。

たとえば筆者が見かけた事例だと「俺、ダイエットのために毎晩ランニングしてるんだよね」という男性に対して、「でもさ、結局体重落とすには運動よりも食事が大事なんだよ」と女性は返答していました。

確かに女性の意見は正論です。ですが、やっぱりここは「ランニング続けてるってすごいね」の一言をまずは言っておくのが正解です。

男性の心の中で、ランニング=ダイエットに意味がない=無駄なことする俺って一体……。なんて凹みにつながってしまい、あなたを避けるようになるかもしれません。

 

男の夢は壊すべからず!

男というのは、いくつになっても無邪気な夢を抱く生き物です。

大きくなっても強いヒーローに憧れ、スポーツに熱を上げ、世紀末覇者になれるものならなりたいと思っている生き物です。ちょっとだけ言い過ぎましたが、無邪気な心は女性より男性の方がダンゼン高いもの。それを壊してしまうと、男性の童心は、あなたのことを無意識で「夢を壊すコワいおばさん」なんて認定しかねません。

たとえば野球観戦をしていた彼が「俺も昔は野球選手を目指してたんだよ」なんてポロッと口にしたら「えー運動神経そんないい方だっけ?」なんて切り返してはいませんか?

ひっそり男性の心は傷ついているかもしれません。

 

男性の心は、意外と傷つきやすくて繊細です。同時に仕組み自体はけっこう単純。彼のプライドを傷つけないような言い回しを心がけることで、あなたの好感度もぐっとアップするかもしれません。

 

【画像】

※ Shutterstock / Piotr Marcinski

 

【関連記事】

今日は乗り気になれない…男性が「密かに傷つくエッチの断り方」とは

あ、やっぱりムリだわ…。オトコの「恋愛バロメーターが下がるNG行動」3つ

あ、やってたかも…男子がヘコむデート中の女子のリアクション4つ

※ 秋冬トレンド「スポンテニアス」でカレのハートを射止めるコツ[PR]

※ 夏でもつり革、つかめます。じんわりにじむワキの汗染みを一瞬で消し去る方法[PR]