closet

これはアリよりのアリだよね…?あと1歩の彼を落とす方法4選

週末が近づくと「日曜日、空いてる?」とデートのお誘いをしてくるカレ。映画館や遊園地へ行ったし、居酒屋では二人の距離が急接近するシーンもある。ここだけの話、カラダの関係も持っちゃったけど、正式に“恋人関係”には至っていない……。

「このまま“セフレ化”されちゃったらどうしよう」

そこで今回は、“アリよりのアリ”の関係にある男性を100%射止める方法をご紹介! 曖昧な関係を脱出するコツを探ってみましょう。

これはアリよりのアリだよね…?あと1歩の彼を落とす方法4選

出典:http://www.shutterstock.com/

 

男子がこっそり告白!「俺、これがきっかけで付き合いました」4選

(1)しばらく自分発信の連絡を絶つ

「毎日のようにLINEしていたのに、急にパタッと連絡が来なくなって焦った」(22歳/学生)

「いつもの時間に連絡が来ないだけで不安になって、しばらくスマホと睨めっこ。結局、仕事が忙しくて連絡できなかっただけだったんだけど、『俺、この子に恋してるんだな……』と自分の気持ちを再確認した」(29歳/建築)

ひんぱんに連絡を取り合っているなら、自分発信の連絡を絶ったり、パタッと返信をやめてみて! 「何かあったの?」「心配だから、連絡ちょうだい」と繰り返しメッセージが送られてくるようなら、カレはあなたに本気で恋しているサインですよ。

「今すぐ会いに行ってもいい?」とメッセージを入れて、早いうちに曖昧な関係に終止符を打ちましょう。

 

(2)セックス以外の繋がりを増やす

「仕事の悩みとか、趣味の話とか、何でも話せる相手だって分かって、交際をスタートさせた」(27歳/IT)

「カラダの相性はもちろん、話のかみ合う女性ってなかなかいない。だから、彼女を逃したらいけないって思った」(31歳/保険)

はじめは「都合のイイ女」だと思っていた相手でも、趣味や仕事など、ディープな話ができると分かると、男性の見方はガラッと変わります。

本命彼女に昇格するには、「他のオトコに取られたくない」「この恋を逃したらいけない」と思わせることが大切です。何の話題でも構いません。まずはカレと共有できることを1つでも増やしましょう。

 

(3)「ごめん。好きな人ができたの」と言う

「デートのとき、突然『私、好きな人がいるの』と告白されて、頭が真っ白になった。言葉が出なかった俺を見て、彼女は『○○くん、好きだよ』と抱きついてきたけどね」(28歳/金融)

「『好きな人ができた』と言われて、かなりショックを受けた。『どんな人?』『俺が知ってる人?』って質問攻めにしちゃったよ」(27歳/メーカー)

そろそろ本気で曖昧な関係を脱出したい。イチかバチか、勝負に出たい……という女性におすすめなのが、「ごめん。私好きな人ができたの」という台詞。

メールやLINE、電話ではなく、直接カレの表情を確認できる距離で伝えてみて。ちょっとでも動揺していたり、顔が曇ってきたら、あなたに想いを寄せている証拠です。思い切って、カレの気持ちを確かめてみてはいかがですか?

 

(4)正直に「付き合いたい」と伝える

「このままの関係ではよくないと思っていたから、彼女から『もっと真剣に考えて』と言われて申し訳ない気持ちでいっぱいになった」(24歳/福祉)

「セフレにしようと思っていた女性に『付き合って』と迫られて、その時はあやふやにしてバイバイした。でも、時間を置いたらやっぱり好きだったんだ……と後悔した自分に気が付いて告白した」(26歳/美容師)

都合のイイ女にサヨナラする最終手段は、やっぱりあなたのありったけの想いを伝えること。すべての気持ちをぶつけて、「俺もちゃんと伝えようと思ってた」「不安にさせてごめんね」という言葉が返ってくれば、その日のうちに交際がスタートすること間違いなしです。

覚悟を決めて、「セフレではなく、もっと私と真剣に付き合ってほしい」と告白してみて!

 

いかがでしたか? 本気で付き合いたいと思う男性には、簡単にカラダを許さないことが1番ですが、男と女の関係は何があるか分かりません。ズルズルと続く曖昧な関係に突入してしまったら、今回ご紹介した4つの方法を試してみてくださいね。

 

【画像】

※ Shutterstock / Liderina

 

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

 

【関連記事】

ワンナイトラブから本命昇格の確率は2割…彼女になるための対策3つ

これってもしかして…恋!? 「友達から恋人」へランクアップする瞬間3選

恋人未満のカレに「俺たち、付き合ってる?」と言わせる方法4つ

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]

どこで買えるの?モデルが愛用中のあのシャンプーが欲しい♡[PR]