closet

かあちゃんかよ!年下のカレに「オバさん」扱いされちゃうNGポイント4つ

交際中の年下のカレ。甘えん坊だけど、意外と頼りになるしっかり者。初めの頃は「好きだよ」「ずっと一緒にいようね」と口にしてくれたのに、なんだか最近素っ気なくなってきた気がする……。

「もしかして、嫌われちゃったかも!?」

それは、あなたのちょっとした“オバさん臭”にカレが幻滅しているサイン。今すぐ言動を改めないと、取り返しのつかないことになるかもしれませんよ!

そこで今回は、20~30代独身男性を対象に「これは勘弁!」と思ったオバさん発言を徹底リサーチしてみました。

かあちゃんかよ!年下のカレに「オバさん」扱いされちゃうNGポイント4つ

出典:http://www.shutterstock.com/

 

絶対口にしちゃダメ!オバさん認定されちゃうNGワード4つ

(1)「よいしょ!」「どっこいしょ!」

「どんなに美人な女性でも、立ち上がるときに『よいしょ』って言われるとガッカリする」(30歳/公務員)

「『よいしょ』『どっこいしょ』って言うようになったら、オバサン確定でしょ!」(31歳/保険)

椅子から立ち上がるときや階段を上っているとき、「よいしょ」「どっこらしょ」なんて無意識のうちに口にしていませんか? 男性はあなたの一言にゲンナリしていますよ。オバさんどころか、おばあさん扱いされてしまいますので、くれぐれもご注意を……!

 

(2)「もう年だから……」

「誰も聞いてないのに『年だからさ』って断る女性って、ちょっと面倒臭い」(29歳/建築)

「自分で『おばちゃんだから』って言う女性って、『そんなことないよ!』って優しい言葉を期待しているだけでしょ?」(28歳/メーカー)

何かあるたびに「もう若くないから」「年だから」と断ったり、「私たちの世代は……」なんてセリフを口にしたら、オバさん確定! 男性から面倒な存在だと思われている可能性大ですよ。たとえ謙遜しているつもりでも、この言い回しは使用しない方がよいでしょう。

 

(3)「あら、やだ~!」

「ちょっとミスした先輩が『あら、やだ~!』ってリアクションしていて、古くさいなと思った」(27歳/福祉)

「『ドヒャ~』『ゲロゲロ』とか、一言だけど時代を感じるセリフってあるよね」(29歳/出版)

リアクションが大げさだったり、ジェスチャーが付いていたりすると、オバさん扱いされがち。特に「あら、やだ~」「ドヒャ―!」なんてセリフは、危険信号! どんなに好きな相手でも、女として見られなくなる男性もいるようなので気を付けてくださいね。

 

(4)「もったいない!」

「お腹がいっぱいで食べられなかったから残したら、『もったいないから、食べないならちょうだい』って言われてゲンナリした」(27歳/金融)

「とにかく『もったいない』が口癖の彼女。よく言えばしっかり者だけど、ぶっちゃけただの“おばちゃん”だよね」(29歳/広告)

母性をくすぐる年下くんだからといって、完全に母親のような存在になったらダメ! 食べ残しを「もったいない!」と引き取ったり、無駄遣いを注意したり、「ちょっと負けてよ」なんて値切ったり……。カレに愛情を注いでもらう存在でありたければ、もっと“オンナ”であることを意識してみて!

いかがでしたか? ちょっとでも思い当たる節のある女性は要注意! 気になる男性や年下のカレに「オバさんじゃん!」と幻滅される前に、こっそり言動を改めておきましょう。

 

【画像】

※ Shutterstock / KieferPix

 

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

 

【関連記事】

え、ババァじゃん…男子に「おばさん認定」されちゃう女子の特徴

男子ドン引き!「オバサン」認定されちゃうアラサー女子の特徴4つ

頼むからマジで直して…!彼氏がドン引きしてる「残念彼女の素顔」4つ

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]

どこで買えるの?モデルが愛用中のあのシャンプーが欲しい♡[PR]