closet

ワンナイトラブを回避!初エッチを盛り上げる言葉のテクニック

エッチしたあとにぱったり彼から来なくなった……。

まれに聞くシチュエーションですが、理由もわからず、ただただ女性としてのプライドがズタズタになりますよね。

「私、けっこう男性経験豊富だもん」という女子でも、新しい男性と初めてエッチするときは「どう思われるかな?」と多少なりとも不安になるのではないでしょうか。

2回めのエッチはないな、と思われないためには1回めのエッチが楽しいものであることが重要です。

そこで今回は、元女探偵の筆者が「男性心理に基づいて初エッチを盛り上げる言葉」を解説します。

ワンナイトラブを回避!初エッチを盛り上げる言葉のテクニック

出典:http://www.shutterstock.com/

 

「なんか、緊張するね」と言う

初めて体を合わせるとき、女子も緊張しますがたいがいの場合、男性はそれ以上に緊張しています。「気持ちよくないと思われたらどうしよう……」「アソコが小さいと思われたらどうしよう……」「勃たなかったらどうしよう……」など、女子を満足させることが出来るか不安を抱えています。

そこで、女子のほうから言ってあげると和むのが「なんか緊張するね」という言葉。相手も緊張してくれてるんだと思うと男性もリラックスしてエッチの臨めます。

そういった可愛げのある女子に対して「次はないな」と思う男性はまずいません。

 

エッチ直前の「私たち付き合ってるんだよね?」はNG

エッチする直前に「付き合わないとしない」と主張する女子は多いはず。これは別に悪いことではないのですが、男性からすると「今それ言うのヤメてよ」という感じになってしまいます。エッチにこぎつけることで頭がいっぱいなのに、いきなり条件を突きつけられると冷めてしまいます。

その場だけ付き合おうと言っておけばいいかな、と考える男性もいるので行為の直前に言うのは避けましょう。

逆に男性が喜ぶひとことは「嬉しい」です。エッチな雰囲気でゴタゴタするより、「しない」または「するならゴチャゴチャ言わずに喜ぶ」のが正解です。

男性の心理からすると、交換条件を出してくる可愛げのない女子よりも、素直に自分と結ばれることを喜んでくれる女子のほうが圧倒的に心掴まれます。

付き合うなら当然後者のほうがいいと考えるので、下手に条件交渉するよりも素直さを演出しましょう。

エッチのあとは「嬉しかった」と伝えるのがポイント。これできっと2回めがない……はなくなるはずです。「付き合わないとしない」でゴタゴタしたうえに結局ごまかされた経験がある女子にこそ試して欲しいと思います。

 

【画像】

※ Shutterstock / Jose AS Reyes

 

【関連記事】

「あんなに盛り上がったのに!」2回めのデートに誘わない男子の本音

初エッチ前に確かめたい!カレの本気度が分かる誘い言葉4つ

「エッチが終わったら帰って欲しい…」ワンナイトラブする男の本音

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]

どこで買えるの?モデルが愛用中のあのシャンプーが欲しい♡[PR]