closet

しぐさと格好から読み取る「おばさん」の境界線

みなさんの周りに「オバさん」と聞いてピンとくる人はいますか?

思い浮かぶのが何歳でもOK。では、彼女たちがなぜオバさんに見えるのか、考えたことはありますか?

シワや体型など、年齢によって避けられない部分に感じることもあるでしょう。しかし多くの「オバさん」と呼ばれる女性には、2つの境界線があると思うのです。

しぐさと格好から読み取る「おばさん」の境界線

出典:http://www.shutterstock.com/

 

ゆるい服を何アイテム着てる?

1つめの境界線、それはファッショに“ゆるい系アイテム”がいくつ使われているかでしょう。

ゆるい系とは字のごとく、着用していて楽さを感じるアイテムのことです。これが、若々しさを感じる女性はせいぜい2アイテムなのに対し、オバさんぽい女性には多数確認できます。

・ペタンコサンダル
・チュニック
・ロングスカート

たとえば3つのアイテムをあげましたが、このように体のラインを緩やかにみせる効果のあるアイテムを、オバさんと呼ばれる女子は複数多用している傾向にあります。さあ、あなたは大丈夫ですか? 今すぐ服装を自己チェックしてください!

 

自意識過剰は若さのもとだった

若さとは、自意識過剰であることではないか。筆者は常々そう思います。

10代の頃は、「自分がどう見えているか」「どう思われているか」ということばかり気になっていたものです。

これがオバさんになると私は私というモードが強まっていきます。

適度なバランスを保っていれば大人の女性と思われるのですが、オバさんたちの多くは、この“私が私感”が強くなりがちで、その結果、ひとつひとつのしぐさが雑になるのです。

わかりやすい例でいうと、「よっこらしょ」と掛け声をかけながら立ち上がる女子って、なんだかオバさんくさいですよね。これもしぐさの雑さのひとつです。

他にも電車で座った際、足を投げ出したり、隣の人がいるのに組んでいたりと、ちょっとしたしぐさが雑になるのがオバさんなのです。

 

実はこの境目に気づいたきっかけは、筆者自身がオバさん行動をとっており、それに気づいて焦った経験があったから。

今流行りのロングキュロットを履きこなしていたら、足元がペタンコ靴になり、髪の毛もまとめるようになり……と、どんどん楽な格好になっていったのです。

これはマズイと思い今では多少気をつけていますが、怠惰はオバさんへの第一歩です。太りやすくなるこれからの季節、ぜひ気をつけてくださいね。

 

【画像】

※ Shutterstock / Piotr Marcinski

 

【関連記事】

え、ババァじゃん…男子に「おばさん認定」されちゃう女子の特徴

かあちゃんかよ!年下のカレに「オバさん」扱いされちゃうNGポイント4つ

オバさんになったサインかも!? 年齢が上がるにつれて「異性の血液型」を気にするワケ

無造作ヘアって実は難しい!? おフェロに隙ありヘアを作る方法[PR]

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]