closet

まじでウンザリ…Instagramで「痛認定」されてる女子の特徴

SNSで何かを投稿したときに「いいね!」がいっぱいつくと嬉しいですよね。彼氏とのラブラブな投稿をアップして、みんなから「いいね!」がつくことに生きがいを感じている女子も多いと思います。

でも、ちょっと待って!

なんだか以前に比べて「いいね!」やコメントの数が減っている気がしませんか? 義理でいいね!を押してくれていた人もウザくなってスルーするようになっている可能性もあります。自分がそう思われていないか要チェック。

元女探偵の筆者が、SNSでウザいと思われている「痛カップル」について解説します。

まじでウンザリ…Instagramで「痛認定」されてる女子の特徴

出典:http://www.shutterstock.com/

 

キス写真を載せちゃう

たまにいますよね。キス写真やいちゃいちゃしている写真を載せているカップル。浮気防止のために載せるケースもありますが、多くは「幸せっぷりを見せつけたい」という動機によるもの。

いくら友達限定公開だったとしても、キス写真は、裸の写真が載っているのと同じように不快に感じてしまう人もいます。

いくらラブラブでも、完全に痛カップル認定されるどころかブロックされかねないので要注意です。

 

投稿数が多すぎる

SNSのラブラブ投稿を見た人の反応は主に2つに分かれます。微笑ましいと感じる場合と、ウザいから見たくないと感じる場合です。

とくに、普段真面目そうな人がデレっとした投稿をたまーに載せる分には、見た人も微笑ましいと感じることが多いですが、ラブラブ投稿ばかり載せていると、かなりの割合でウザいと思われます。

もちろん、見る側の気分などによっても違いますが、あまり投稿が多すぎるとブロックされかねません。たまには「私、投稿し過ぎじゃないかな?」と振り返ってみても良いかもしれませんよ。

 

喧嘩したら相手への不満を書きつづる

「なんで分かってくれないんだろう」「私が好きなのは○○(彼氏の名前)だけなのに」など、相手へのメッセージを投稿する人も、間違いなく周囲に「直接本人に言えよ!」と思われて痛カップル扱いされています。

 

こんなのありえない……!と思っても、好きになりすぎると周りが見えなくなって「痛カップル投稿」化しまうことはよくあるんです。たまには「私の投稿、ウザくないかな?」と思うようにすると、痛カップル化を回避できるでしょう。

 

【画像】

※ Shutterstock / ginger_polina_bublik

 

【関連記事】

ムダに忙しぶってない!? 「SNSでウザい人認定される投稿」4つ

盛り下がるんですけど…!女子が「ウザイ人」認定する4つのポイント

彼氏なし女子から嫌われる「上から目線」なアドバイス

うわ、うざ…上から目線の“エセできる女”がモテない理由

彼氏ができるたび女友達に嫌われる女子の特徴3つ