closet

彼女を小馬鹿にする「男のゆがんだ愛情表現」の理由って?

付き合った女性をなぜか軽くディスる。あなたも恋人にされたことがないでしょうか。

筆者はあります。それも歴代彼氏ほぼ全員に(笑)。

今でも正直ムカっとしますし、言いすぎな時は「やめてくれ!」ときちんとNGラインを明確にします。

しかしそもそも、なぜ男という生き物は女性を少し小馬鹿にする傾向があるのでしょうか。

今日はその基本心理を振り返ってみます。

彼女を小馬鹿にする「男のゆがんだ愛情表現」の理由って?

 

 好きな子に対してなぜ「デブ」と言うの?

彼が彼女を小馬鹿にする手法には、大きく分けて2パターンあると思います。

1つは「ブス」「おデブ」といった容姿に関するディスりです。

容姿に関するディスりについて考えていくと、多くが「かわいい」「好き」というポジティブな表現の裏返しな可能性があります。

たとえば子ども時代、男子は女子に対して「ブス」とか「デブ」とかよく悪口を言っていませんでしたか? その対象は好きな子、もしくは本当に嫌いな子にのみ言っていたと思います。

あなたが彼女であれば、嫌いな子の可能性はないわけですから、好きという愛情表現のひとつとして、(たとえ本意でなくとも)容姿の悪口を使っている可能性は高いです。

 

好きな子をからかう少年心理から抜け出せない

2つ目は「本当に何も知らないおバカだなあ」というような、知性に関するイジリです。

知性に関するイジリの心理には、男のプライド、それも「俺のプライドを認めて欲しい」というエゴが絡んでいると思います。

つまり、一瞬でも安心感が欲しいばっかりに、女子をイジる。そして女性が抵抗すると、その可愛さに愛情を感じるという、ちょっとゆがんだ心理が隠されているのです。

これは男性自身も気づいていません。この時の適切な対応方法としては、一瞬可愛くむくれながらも、サラッと流すこと。

彼に噛み付くのは絶対にNGです。「これはコントなのだ」くらいの心持ちで臨むと、綺麗に対処ができるでしょう。

 

こうしてみると、男って少年時代からまったく成長していないものです。それもすべてプライドという軸があるからなのですが、そこをベースに考えられると、不可解な男性の行動も、掴みやすくなっていくかもしれませんね。

 

【画像】

※ baranq / shutterstock

 

【関連記事】

「一緒にいると落ち着く」というセリフに隠された男子の本音

「しょうがねぇなあ♡」男性が放っておけない女性の特徴4つ

「なんてかわいいんだ!」男子が付き合っていて楽しい女子の特徴4つ

男子がとろけちゃう♡最高にドキドキするキス4選

知っとくと便利?「俺通信」を送ってくる男の心理